2019年度 生涯ウェルネス実習 B7   Advanced Wellness Exercise B7

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
広域教養科目
担当教員名
高井 秀明 
授業形態
曜日・時限(講義室)
火7-8(屋内運動場(グラウンド・テニスコート))  
クラス
B7
科目コード
LAW.W131
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2019年4月2日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

健康トレーニング
健康トレーニングを楽しみ,ウェルネス維持のために有用であることを実践的に理解する.さまざまなスポーツや運動に応用可能な3つの基本姿勢を習得し、コアトレーニング、バランストレーニングを通して、スムースな動作と活き活き軽いからだの状態をめざす。気持ちのよいストレッチを行ったうえでバランスボール、ストレッチポールなどを効果的に用い、楽しく体を動かしていく。ボディのシェイプアップにもつながる栄養と運動の行い方も取り上げる。

到達目標

心身の健康と体力の維持増進に必要な実践知識を修得し,自ら健康管理できるようになる.
基本技術を習得し,ゲームの中で基本技術が正確に発揮できるようになり,そのスポーツ種目を楽しむことができるようになる。
その種目が生涯スポーツの一つとして,健康の維持・増進に活用できる
「身体知」を体感・理解するとともに,場の活性化に貢献することを目指す.
開講種目については、www.wn.ila.titech.ac.jpに掲載してあります。
履修方法についてはwww.wn.ila.titech.ac.jpに掲載してある「実習科目履修手続フローチャート」を参照にして下さい。

キーワード

スポーツ,健康,技術,身体知

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
-

授業の進め方

第1回目の授業において,種目を選択する(受講者数の制限がある).種目には、球技系団体種目・球技系個人種目・その他の種目を配置し,その中から選択するものとする.
毎回の授業で出席を取ります.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 選択・クラス分けとガイダンス 種目選択
第2回 スタティックおよびダイナミックストレッチの実践 基礎技術の練習
第3回 課題設定と応用技術修得 基礎技術の練習
第4回 課題到達に必要な技術の理解 自分の目標・課題設定
第5回 バランスボールとスタビライゼーション 必要な技術の復習・反復
第6回 ウォーキングとランニングへの応用 技術評価の理解
第7回 国際スポーツとしての位置づけの理解 技術評価の復習
第8回 トレーニングの実施と進行上の注意点の総合理解 授業のまとめ

教科書

なし

参考書、講義資料等

必要に応じて配布

成績評価の基準及び方法

コミットメント点:40点,技能点:20点,理解点:20点, 実践点:20点として評価

関連する科目

  • LAW.W101 : 健康科学概論
  • LAW.W111 : 健康科学演習
  • LAW.W121 : ウェルネス実習
  • LAW.W221 : 生涯スポーツ実習

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件は設けない
開講種目については、www.wn.ila.titech.ac.jpに掲載してあります。
履修方法についてはwww.wn.ila.titech.ac.jpに掲載してある「実習科目履修手続フローチャート」を参照にして下さい。

その他

用具は準備されています。初心者でも受講できます。
服装はスポーツを行うのにふさわしい服及びシューズを各自準備すること。
目的に応じて必要とされるトレーニング・プログラムは異なります。本授業で自分が理想とする身体づくりを目指し、生活に刺激を与えましょう。

このページのトップへ