2019年度 健康科学演習 D1   Laboratory of Health Science D1

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
広域教養科目
担当教員名
林 直亨 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
月3-4(運動処方室ほか)  
クラス
D1
科目コード
LAW.W111
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2019年4月2日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

本科目では,健康に関連した様々な指標を自ら測定し,健康科学の基礎を提供する.
運動に伴う身心の変化を実測・観察する.
扱う測定法は,健康科学以外にも,クラスによってヒトを対象とする学問領域(機械工学,生命科学,感性工学など)に幅広く適用することができる.

到達目標

生理学・バイオメカニクス,心理学などの演習・実習を通して,健康の維持・増進の背景となる身心のメカニズムを理解する.
また,それらの測定法・評価法を理解することを目的とする.

キーワード

生理学,バイオメカニクス,心理学

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

大半の授業で実習を行い,その後ショートレポートを書いて提出してもらいます.
毎回の授業で出席を取ります.遅刻すると実習についていけないので,10分以上の遅刻は入室を認めません.
最終回のまとめでは,「健康になるための3か条」(タイトルはグループで設定)をグループ毎に作成してもらいます.
適切な内容で優秀なものは大岡山駅にポスターとして掲示されるかもしれません.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 体脂肪率の測定(自分を知る) 体脂肪率を測定し,その意味を理解する
第2回 救急処置法(自分・他者を守る) 救急処置法を実践し,理解する.AEDの使い方も含む.
第3回 エネルギー収支(食事量と日常生活運動量の調査)(自分を知る) 各自の食事摂取に伴うエネルギー摂取と,活動に伴うエネルギー消費の調査を行い,それらの意味を理解する.
第4回 最大酸素摂取量(持久力)の推定(3段階エルゴメータ)(運動を知る) 自転車エルゴメータをこいで,最大酸素摂取量を推定する.
第5回 酸素摂取量(講義)(運動を知る) 最大酸素摂取量とその測定法,運動に伴うエネルギー消費量について理解する.
第6回 心臓と視覚の重要性を実感しよう(自分を知る) 運動に伴う心拍数変化や,運動に果たす視覚の重要性を理解する.
第7回 リラクセーション,マッサージ技法と自宅でできるトレーニング(運動を知る) リラクセーション,マッサージおよび簡単なトレーニングを実践する.
第8回 まとめと論議(ブレインストーミングとKJ法で,重要な健康行動を考える) これまでの演習内容を基に,健康について考える.3, 4名のグループで標語(3か条)を考える

教科書

指定なし

参考書、講義資料等

指定なし
講義資料を配布します.

成績評価の基準及び方法

レポート課題合計80点,授業での積極性(実習や論議)20点の合計100点とする.3回以上欠席すると単位が出ません(2回欠席ならば単位取得が可能ということを意味しません).

関連する科目

  • LAW.W101 : 健康科学概論
  • SHS.D461 : 教育・福祉・健康分野方法論S1
  • LAH.T312 : 教養特論:スポーツ科学
  • LAW.W221 : 生涯スポーツ実習
  • LAW.W121 : ウェルネス実習

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

naohayashi[at]ila.titech.ac.jp

このページのトップへ