2018年度 グローバルリーダーシップ実践   Global Leadership Practice

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
広域教養科目
担当教員名
太田 絵里 
授業形態
演習     
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
LAW.X425
単位数
1
開講年度
2018年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2018年5月6日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

講義の概要:本学の協定校であるジョージア工科大学より講師を招き、リーダーシップに関連した能力を育成するワークショップを実施する講義、事例研究、ディスカッション、自己分析等を通じ,自身の価値や目的を実現するためにリーダーシップに必要な要素について学ぶ。
講義のねらい:リーダーシップ育成に関するプログラムを通じ、「到達目標」で示す能力を養う

到達目標

1) 自身の長所や価値観、適正能力等についての気づきを通じリーダーシップに必要な能力を養成する。
2) 自身の経験についてリーダーシップの要素から振り返る
3) 異文化および分野横断的な環境の中でグループをまとめ、調整する能力を身に付ける。
4) 異文化の環境の中での課題解決の方法を身に付ける。
5) 自身の将来についての方向性を明らかにする。

キーワード

グローバル、リーダーシップ、異文化理解、探求力,文化的理解力,グループワーク、協働,自己開発

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

リーダーシップ/異文化理解/価値と倫理/解決等についての講義とディスカッション、グループワークによる事例研究、自己分析等の共有,最終チームレポート発表等 により構成される

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 6/19 (火) 10:45-12:15 @ S409 リーダーシップの素養について:ブログや過去の経験からの振り返り その都度提供
第2回 6/19 (火) 13:20-14:50 @ S409 リーダーシップに関する自己分析:リーダーシップインベントリー等からの自己分析
第3回 6/22 (金) 10:45-12:15 @ S409 成功するチームビルディングの秘訣:過去にチームワークが成功した経験を共有し,その理由を考察する。
第4回 6/22 (金) 13:20-14:50 @ S409 偏見の払しょく:意識的・無意識にある偏見が行動に与える影響について考える。
第5回 6/26 (火) 10:45-12:15 @ S409 異文化理解力:コミュニケーション/沈黙/フィードバック/意思決定/権力/紛争/時間についての考え方
第6回 6/26 (火) 13:20-14:50 @ S409 日本とアメリカの仕事のスタイルの違い:ゲストスピーカーによる事例共有
第7回 6/29 (金) 10:45-12:15 異文化によるチームワークの実践:事例からの振り返りや自身のやり方について検討,最終発表の準備
第8回 6/29 (金) 13:20-14:50 @ S409 最終発表

教科書

The Student Leadership Challenge: Five Practices for Becoming an Exemplary Leader 3rd Edition, James Kouzes and Barry Posner

参考書、講義資料等

The Culture Map (INTL ED): Decoding How People Think, Lead, and Get Things Done Across Cultures Paperback – International Edition, January 5, 2016 by Erin Meyer

成績評価の基準及び方法

事前準備 10%
ディスカッション等への参加 40%
課題: 20%
最終レポート 20%
最終発表 10%

関連する科目

  • LAW.X421 : グローバルリーダーシップ研修

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

英語で議論できる程度の語学力(TOEIC750点またはTOEFL-iBT80点程度以上)を有すること。

このページのトップへ