2016年度 メディア編集デザイニング   Editorial Designing in the Media

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
広域教養科目
担当教員名
野原 佳代子  川崎 紀弘  川崎 昌平 
授業形態
演習
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
LAW.X314
単位数
2
開講年度
2016年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2016年4月27日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

グラフィック、エディトリアル、プロダクト、空間、サービス、コミュニケーション……デザインと名が冠される領域は多岐に及び、日常のなかでデザインに接しないタイミングは存在しないと言えるほどです。そうした状況において、デザインを考える上では必ず対象となるユーザーおよびユーザーを取り巻く社会環境への意識が重要となります。
本講義では、参加者自身がユーザーとしての自覚を持ちながら、デザインに対して意欲的に思考を重ねる演習を実践し、こうした視点を育成することをねらいとする。

到達目標

・メディアにおけるデザインの役割への理解
・デザインにおける課題を発見する能力の獲得
・メディアにおけるデザインの可能性への理解

キーワード

メディア、デザイン、編集

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

講義およびフィルドワークによる課題発見のタームと、課題に対する提案のプレゼンテーションに対する講評のタームがあります。授業は1回3時間です。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 メディアとデザインの関係 あるメディアの変遷を振り返り、どのようにデザインされてきたのか、またその背景にあったものは何かを分析します。目の前にあるメディアに含まれる、デザインの歴史やその役割について考えてみましょう。
第2回 デザインの「観察」 身の回りにある様々な対象から、「デザイン」の特徴、効果、意義などを観察し、発見する演習をします。何気なく使っていたものや、意識せず接していたものの中に含まれるデザインの価値についてイメージしてみましょう。
第3回 デザインの「編集」 デザインの「観察」を経て得た自分なりの問題意識を、他者と共有しながら、新しい価値の端緒を探します。コミュニケーションによって異なる意見を接続しつつ、自分の視点をより先鋭的なものへと発展させてみましょう。
第4回 課題の提案 観察を通して発見した自分なりの「問題意識」を、他者と共有できるようなカタチで提案してみます。
第5回 解決策へのアプローチ 課題点や改善点をよく理解できたら、その解決のために何ができるか、あるいはどのような新しいデザインが可能かを考えてみましょう。
第6回 プレゼンテーション 練り上げた「解決策」を発表します。提案されたアイデアには全員で意見し、互いに講評しあい、アイデアの精度を高めます。

教科書

特になし

参考書、講義資料等

『コミュニケーションのデザイン史』高橋裕行著、フィルムアート社
『スペキュラティヴ・デザイン』アンソニー・ダン、フィオーナ・レイビー著、BNN新社

成績評価の基準及び方法

プレゼンテーションへの講評およびレポートの提出

関連する科目

  • LAW.X316 : クリエイティブ表現論

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ