2021年度 ALP発展研修 II B   ALP Advanced Practice II B

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
キャリア科目
担当教員名
赤木 泰文  小坂田 耕太郎  小林 隆夫  中村 春夫  二羽 淳一郎 
授業形態
講義 / 演習    (ZOOM)
曜日・時限(講義室)
月3-4  
クラス
B
科目コード
LAC.A642
単位数
1
開講年度
2021年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2021年10月6日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

博士後期学生には、わかりやすい英語論文を執筆し、国際会議で論文発表をする能力が要求される。そのためには、以下について理解・認識することが必要である。1) 日本語の作文(随筆)と日本語の科学・技術論文の類似点と相違点を理解する。2) 履修学生の専門分野の論文誌の書き方を模倣するだけでなく、英語論文と日本語論文の類似点と相違点を理解する。3) 欧米人と日本人の英語論文の発表の仕方の相違点を認識する。
本講義では,専門が異なる5名の本学名誉教授がオムニバス方式で「英語論文の書き方と発表の仕方」についての実践講義と実習指導を行う。

到達目標

本講義は以下を到達目標とする。
1)英語論文と日本語論文の類似点と相違点を理解する
2)英語論文の書き方と発表の仕方のコツ・ヒントを習得する
3)学会発表で使用する英語スライド(パワーポイント)の作成ポイントを体得する

キーワード

英語論文執筆力、英語論文発表力,理解力,コミュニケーション力

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

100分の講義を2回担当する講師(2名)と1回の講義を担当する講師(3名)がオムニバス方式で授業を進める。具体的には、座学講義に出席して関連の知識を習得するするだけでなく英語論文の執筆(一部)と論文発表用PPTファイルの作成と英語のよるプレゼンなどの実習を行う。履修に当たっては、以下に留意すること。
1) 履修学生へのZoom講義のURL情報、レポートのアップロード、講義資料のダウンロードなどは「OCW-i」を使用します。
2) 履修者数を最大20名とする。20名を超えた場合にはTOEICの点数あるいはJLPTレベルに基づいて選別する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 6月14日(月)10:40-12:20, Zoom 英論文の書き方と発表の仕方についての講義、担当 赤木 泰文 英論文の書き方と発表の仕方
第2回 6月21日(月)10:40-12:20, Zoom 英論文の書き方と発表の仕方の講義と実習 I、担当 中村 春夫 英論文の書き方と発表の仕方
第3回 6月28日(月)10:40-12:20, Zoom 英論文の書き方と発表の仕方の講義と実習 II、担当 中村 春夫 英論文の書き方と発表の仕方
第4回 7月5日(月)10:40-12:20, Zoom 英論文の書き方の講義と実習、担当 小坂田 耕太郎 英論文の書き方
第5回 7月12日(月)10:40-12:20, Zoom 英論文の書き方の講義と実習、担当 小林 隆夫 英論文の書き方
第6回 7月19日(月)10:40-12:20, Zoom 英語論文の発表の仕方の講義と実習 I 担当 二羽 淳一郎 英論文の発表の仕方
第7回 7月26日(月)10:40-12:20, Zoom 英語論文の発表の仕方の講義と実習 II 担当 二羽 淳一郎 英論文の発表の仕方

教科書

なし

参考書、講義資料等

講義資料は講義前あるいは講義後にOCW-iからダウンロードすること

成績評価の基準及び方法

課題レポートの評価。
講義を欠席した場合には成績を減点することがある。

関連する科目

  • ALP発展研修 I

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

1) 留学生はJapanese-Language Proficiency Test (JLPT) N1レベルの日本語能力を必要とする。
2) 日本人学生はTOEIC 700点以上の英語能力を必要とする。
3) 原則として、博士課程に入学して6カ月が経過するまでは、この科目を履修できません。

このページのトップへ