2019年度 心理・教育測定演習B   Practices for Psychological and Educational Measurement B

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
教職科目
担当教員名
栗山 直子  萩生田 伸子 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
木5-6(W9-319)  
クラス
-
科目コード
LAT.A404
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2019年3月19日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

心理・教育研究のためのデータ分析力を高めるために、問題解決の縦糸・横糸モデルに基づき、仮説と分析計画を立て、心理・教育測定演習Aの学習成果に加えて、多変量解析の手法活用したデータ分析の代替案を検討し、結果を批判的に検討した上で、多様な統計量等を組み合わせて説得的な結論を出す方法を身につけることを目的とする。

到達目標

与えられたデータについて、ExcelやRコマンダーを活用し、心理・教育測定演習Aで学んだ手法に加え、因子分析、クラスター分析、多次元尺度構成法などの統計手法を適用して、仮説検証したり考察したりできるようになる。

キーワード

統計分析, 表計算ソフトウェア、Rコマンダー、ICT問題解決力、統計的な見方・考え方、多変量解析

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - - -

授業の進め方

原則として、2回分の授業で「統計手法と典型的な分析方法の解説」と「講義の復習→つまずきの克服や注意事項の確認→応用課題」とをセットにして進める。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 回帰分析の演習 回帰分析をマスターする。
第2回 主成分分析と因子分析を解説 主成分分析と因子分析を理解する。
第3回 同上の演習 主成分分析と因子分析をマスターする。
第4回 クラスター分析と多次元尺度法を解説 クラスター分析と多次元尺度法を理解する。
第5回 同上の演習 クラスター分析と多次元尺度法をマスターする。
第6回 総合的な分析演習1 総合的な分析演習を進める
第7回 総合的な分析演習2 総合的な分析演習を進める
第8回 期末試験、発表会 総復習をする。

教科書

原則として、講義用のハンドアウトを用いて行う

参考書、講義資料等

必要に応じて、適宜紹介する。

成績評価の基準及び方法

受講態度20%, 課題提出40%,期末試験40%

関連する科目

  • LAT.A403 : 心理・教育測定演習A

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

心理・教育測定演習Aを履修していること。

このページのトップへ