2019年度 教育基礎A   Educational Foundations A

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
教職科目
担当教員名
鈴木 悠太 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
水7-8(W935)  
クラス
-
科目コード
LAT.A103
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

 授業のテーマは、現代社会における教育学である。すなわち、現代の教育学に関して重要な概念・理論について学ぶ。さらに、学校教育の具体的な実践について、教育学の概念・理論を手掛かりとし、客観的・具体的に考察する。学校教育の実践を具体的に理解するために、関連する人文社会科学の最新の成果を含む様々な資料も用いる。
 これらを通して、より良い授業とより良い学校の担い手(生涯において学び続ける教師)となるための基礎(学び方の学びを含む)を確立する。

到達目標

 授業の到達目標は、①教育の理念並びに教育に関する歴史及び思想を理解するために鍵となる教育学の概念や理論についての学習を踏まえ、現代社会の教育について客観的・具体的に説明できること、②現代社会の教育に関する重要な主題について、複数の見解を理解した上で、独自の見解を客観的・具体的に説明できること、である。
 【教育の理念並びに教育に関する歴史及び思想】の全ての目標に対応。

キーワード

教育、授業、学び、教師、協同的な学び、公教育

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - - -

授業の進め方

 授業の方法は、教育学の概念や理論についての講義を行い、適宜グループ学習を取り入れる。
 第1回は本授業全体のオリエンテーションを含み、第8回には本授業全体に対する総括的考察(理論と実践の統合的な理解の形成)を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 現代社会における教育学の基礎(本授業のオリエンテーション=主題・対象・方法・評価と学び方の学びを含む) 基本的な概念と理論について説明することができる。
第2回 教育の公共性 同上
第3回 公教育の理念 同上
第4回 公教育の思想と歴史 同上
第5回 現代社会と公教育 同上
第6回 学校教育の意義 同上
第7回 教育評価の思想 同上
第8回 現代社会における教育学の課題=総括的考察 同上

教科書

適宜、配布する。
田中智志・今井康雄(編)、2009、『キーワード 現代の教育学』、東京大学出版会。
今井康雄(編)、2009、『教育思想史』、有斐閣。
高橋浩・金田健司(編)、2019、『教育の本質と教師の学び』、学文社。

参考書、講義資料等

佐藤学、2012、『学校改革の哲学』、東京大学出版会。
鈴木悠太、2018、『教師の「専門家共同体」の形成と展開―アメリカ学校改革研究の系譜―』、勁草書房。

成績評価の基準及び方法

レポートおよびテスト評価:50%、平常点評価:50%(授業への参加度、授業内の小レポート及びポートフォリオの作成)。

関連する科目

  • LAT.A101 : 教職概論A
  • LAT.A102 : 教職概論B
  • LAT.A112 : 教育基礎B
  • LAT.A107 : 教育制度
  • LAT.A409 : 学校改革・授業改革の理論研究
  • SHS.D447 : 教育学特論

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

ない。

このページのトップへ