2016年度 サバイバルジャパニーズ2 G   Survival Japanese 2: Intensive

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
日本語・日本文化科目
担当教員名
土井 みつる  山元 啓史 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
-
クラス
-
科目コード
LAJ.T302
単位数
1
開講年度
2016年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2016年4月27日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

本講義は、日本語初級レベルの学生向けの日本語クラスです。講義では、日常生活場面で用いる会話表現を学び、実際に会話できるようになることを目指します。また、日本社会についてのプレゼンテーションを行い、日本の文化や社会についてより理解することを目指します。

到達目標

・日本語の基本的な会話表現や言葉を学び、学内や日常生活で使うことができる。
・基本的な日本語表現を用いて、一定の長さの会話を組み立てることができる。
・学んだ日本語を使って、プレゼンテーションをすることができる。
・日本文化や社会についての考えを表明することができる。

キーワード

日本語、初級、会話、コミュニケーション、プレゼンテーション

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

コースの前半では、日本語の基本的な会話表現を学び、日本語の運用能力の向上を目指します。コースの後半では、プレゼンテーションに関連する日本語の学習も行い、最終回では日本での生活体験についてのプレゼンテーションを行います。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 Topic conversation 1 Develop conversation skills and strategies related to making small talk.
第2回 Topic conversation 2 Develop conversation skills and strategies related to making small talk.
第3回 Topic conversation 3 Develop conversation skills and strategies related to making small talk.
第4回 Preparing a presentation: Expressions in presentation Understand the expressions in presentation. Decide on a presentation topic and create your presentation slide by the next class.
第5回 Topic conversation 4 Develop conversation skills and strategies related to making small talk.
第6回 Preparing a presentation: How to make a good speech Create presentation slides and script.
第7回 Preparing a presentation: Practice session Revise presentation slides and script.
第8回 Short presentation and feedback Build on and share your own ideas and the ideas of others regarding Japanese society.

教科書

特になし

参考書、講義資料等

講義資料は授業中に配布する。

成績評価の基準及び方法

1)授業への参加 30%
2)プレゼンテーション 70%

関連する科目

  • LAJ.T301:サバイバルジャパニーズ1

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

このコースは海外交換学生向けの集中コースであり、予め登録した学生のみ履修することができる。

このページのトップへ