2019年度 中国語セミナー(入門・基礎)2   Chinese Conversation: Basic Course 2

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
第二外国語科目
担当教員名
劉 岸麗 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
水5-6(4ラボ, , Language Lab 4)  
クラス
-
科目コード
LAL.C232
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

中国語の基礎文型、文法を学習し、日常会話とリスリングの練習に重点を置く。教科書の特徴はいろんな場面の設定があり、それをふまえて、中国語のコミュニケーション能力を高める。リズム感のよい、洗練された短い会話なので、覚えやすい。少人数の授業なので、外国人講師による丁寧な指導のもと、マンツーマンで個人練習もできるので、より正確かつ適切な表現力を身につけられる。

到達目標

この授業を履修することによって次の能力を修得する。
中国語の正確な発音を把握し、簡単な自己紹介ができる。日常生活の様々な場面に対応する基礎的会話力を身につける。
中国語を使って積極的に発言しようとする意欲を育て、中国語への関心度が高まり、実践力のある人材の育成を目指す。

キーワード

中国語の正確な発音 基礎的会話力 マンツーマン指導

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

授業のはじめ、教員はまず各回のポイント、重要語句、文法を説明する。それから発音を訂正し、会話練習のスタイルをとり授業を進める予定である。中国の歴史、文化、庶民の生活などを紹介している教材を使用、コミュニケーション能力を身につけるとともに、中国社会の現状に対する理解も深められる

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 会話①喫茶店 助詞、副詞の使い方
第2回 会話② 買い物 数量詞の使い方
第3回 会話 ③ 買い物 助動詞、方位詞の使い方
第4回 復習、練習問題 復習と練習問題
第5回 会話 ④観劇 疑問詞などの使い方
第6回 会話⑤食事 動詞過去型の表現
第7回 総復習、①
第8回 総復習、②

教科書

指定なし。

参考書、講義資料等

指定なし

成績評価の基準及び方法

出席と平常点による評価

関連する科目

  • LAL.C361 : 中国語セミナー(応用・留学)1
  • LAL.C362 : 中国語セミナー(応用・留学)2
  • LAL.C363 : 中国語セミナー(応用・留学)3
  • LAL.C364 : 中国語セミナー(応用・留学)4

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ