2020年度 アカデミックプレゼンテーション第十六 1   Academic Presentation in English 16 1

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
英語科目
担当教員名
安納 真理子 
授業形態
演習
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
水5-6(Zoom)  
クラス
1
科目コード
LAE.E444
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2020年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

「アカデミックプレゼンテーション」のコースはすべて、さまざまな学問的な場でプレゼンテーションをおこなうための技能訓練を目的とする。実践的な練習を通じて、学生はこうした技能を効果的に発表に適用し、自信をもって多様な状況に対応するための知識を修得する。自分の考えを明晰に伝えるための戦略を学べるよう、教員は建設的なフィードバックをおこなう。さらに、学生は聴衆としても、仲間に対して洞察力のある刺激的な質問ができるよう、リスニングの技能を磨く。

400番台の選択科目として、「アカデミックプレゼンテーション第十六」は、大学院生が豊富な知識に基づくプレゼンテーションをおこなうために必要な技能を身につけることを目指す。

到達目標

コース終了時には、学生はアカデミックな場で一人でプレゼンテーションをおこない、質疑応答をこなすことができる。また、言語によるメッセージと非言語のメッセージをともに意識しつつ、聴衆を惹きつける発表をおこない、発表後は聴衆からの質問にも巧みに答えることができる。

実務経験のある教員等による授業科目等

該当する 実務経験と講義内容との関連(又は実践的教育内容)
An instructor with work experience as a performer will provide hands-on experience in the performing arts, based on practice in the field that fosters critical thinking and encourages creativity and self-expression.

キーワード

プレゼンテーション・スキル、リスニング・スキル、コミュニケーション・スキル

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

For each class, students are expected to complete the homework in advance and actively participate in class discussions. Students will deliver a presentation after every other unit, followed by a Q&A session, receiving feedback back from their colleagues and instructor. (Note: Syllabus is subject to change based on the level, needs, and actual number of students.)

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 1. Introduction to course 2. Ch. 4: Visual aids identify course aims; create powerful visual aids
第2回 1. Ch. 4: Visual aids 2. Ch. 5: Facts and figures 3. Learn how to cite sources create powerful visual aids; present facts and figures to enhance your credibility; learn how to cite sources
第3回 1. Presentation (Ch. 4 and 5) + Peer-critique 2. Ch. 8: Impact techniques deliver an effective presentation; learn how to give constructive criticism to your peers; apply impacting techniques to relay your message
第4回 1. Ch. 8: Impact techniques 2. Ch. 9: Storytelling apply impacting techniques to relay your message; use storytelling techniques to grab the attention of the audience
第5回 1. Ch. 9: Storytelling 2. Presentation (Ch. 8 and 9) + Peer-critique use storytelling techniques to grab the attention of the audience; tell a memorable story; deliver an effective presentation; learn how to give constructive criticism to your peers
第6回 Ch. 10: Q&A sessions learn how to handle the Q&A sessions
第7回 1. Review of material 2. Final Project (Presentation and Paper) + Peer-critique deliver an effective presentation; learn how to give constructive criticism to your peers

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

Powell, Mark. 2010. Dynamic Presentations (Cambridge Business Skills). Cambridge: Cambridge University Press. (ISBN: 978-0-521-15004-0)

参考書、講義資料等

Additional reading materials may be assigned throughout the term.

成績評価の基準及び方法

Class Participation: 25%
Homework and In-class Assignments: 15%
Presentations: 30%
Final Project (Final Presentation and Paper): 30%

関連する科目

  • LAE.E443 : アカデミックプレゼンテーション第十五

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

その他

本科目はLAE.E443「アカデミックプレゼンテーション第十五」と共に履修することが望ましい。
この授業の履修を計画している学生は必ず初回の授業に出席すること。

このページのトップへ