2020年度 英語スピーキング演習第七   Oral Expression in English 7

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
英語科目
担当教員名
安納 真理子 
授業形態
演習
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
月1-2(W833)  
クラス
-
科目コード
LAE.E233
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2020年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

すべての「英語スピーキング演習」の科目は、その名のとおり、学生の話す力を伸ばすことを目標としている。発表以外の場においては、効果的に話すためには効果的に聞くことも必要となることから、これらの科目の授業や宿題においては、互いに話し合う練習やきちんと聞く練習を行う。
「英語スピーキング演習第七」の主なねらいは、3、4人の話者の間で聞き話すことを通じて効果的な口頭によるコミュニケーションを行うことである。また、教科書や授業で導入された単語や文法が使えるようにすることも、授業の目標のひとつである。

到達目標

この授業科目を履修することにより、学生は、3、4人またはそれ以上からなるグループでさまざまなトピックについて話し合うのに必要な技術や方法をよく知ることができる。

実務経験のある教員等による授業科目等

該当する 実務経験と講義内容との関連(又は実践的教育内容)
An instructor with work experience as a performer will provide hands-on experience in the performing arts, based on practice in the field that fosters critical thinking and encourages creativity and self-expression.

キーワード

話すこと 聞くこと 口頭表現 対話

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

This is designed to be a student-centered, interactive course with students discussing and debating on various topics. New vocabulary and grammar will be routinely introduced to enable students to articulate ideas more clearly and to facilitate discussions. Students are required to listen to and/or read assigned materials before class, preparing for focused discussions of their content. (Note: Syllabus is subject to change based on the level, needs, and actual number of students.)

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 1. Introduction to course 2. Unit 1: Connect identify course aims; acquire vocabulary, phrases, and concepts relevant to discuss connections; articulate ideas and opinions on issues
第2回 1. Unit 1: Connect 2. Unit 2: Explore acquire vocabulary, phrases, and concepts relevant to discuss explorations; articulate ideas and opinions on issues
第3回 1. Unit 2: Explore 2. Unit 3: Old or new acquire vocabulary, phrases, and concepts relevant to discuss old and new places; articulate ideas and opinions on issues
第4回 1. Midterm Group Presentation 2. Unit 4: Work deliver a group presentation; acquire vocabulary, phrases, and concepts relevant to discuss work and workplaces; articulate ideas and opinions on issues
第5回 Unit 4: Work acquire vocabulary, phrases, and concepts relevant to discuss work and workplaces; articulate ideas and opinions on issues
第6回 Unit 5: Risk acquire vocabulary, phrases, and concepts relevant to discuss risks; articulate ideas and opinions on issues
第7回 1. Review of material 2. Final Group Presentation consolidate ideas and key concepts from units 1-5; articulate ideas and opinions on issues; deliver a final group presentation

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

Crace, Araminta, and Richard Acklam. 2011. New Total English, Upper Intermediate (Students’ Book with Active Book). Essex: Pearson Education International. (ISBN: 978-1-4082-6724-0)
Note: An e-book version of the textbook is available. Please ask the instructor for details on the first day of class.

参考書、講義資料等

Additional reading materials may be assigned throughout the term.
Suggested websites:
TED Talks https://www.ted.com/
VOA http://www.voanews.com/
NPR http://www.npr.org/
TED, VOA and NPR provide video transcripts.
Scientific American (video and podcasts “60-second science”) http://www.scientificamerican.com/
BBC http://www.bbc.com/news
National Geographic http://www.nationalgeographic.com/

成績評価の基準及び方法

Class Participation: 25%
Homework and In-class Assignments: 20%
Midterm Group Presentation: 25%
Final Presentation: 30%

関連する科目

  • 英語スピーキング演習第八

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

その他

It is recommended that students take this course in sequence with Oral Expression in English 8.
Attendance at the first class is compulsory for students planning to take this course.

このページのトップへ