2020年度 英語第一 4   English 1 4

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
英語科目
担当教員名
宇貫 亮 
授業形態
演習
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
月1-2(W932)  
クラス
4
科目コード
LAE.E111
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2020年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

この授業科目では、将来の留学先を含めて大学レベルで行う学修・研究活動のために必要な英語運用力の基礎固めを行い、あわせて英語を使ったコミュニケーションに積極的に参加する姿勢を育てていく。
そのために、各回の授業において英語運用の四技能にまたがるトレーニングを行う。国際意識の醸成に資する目的で海外事情、異文化理解に関わる題材のほか、科学技術の基礎に関わる英語材料を使いながら、精確な読解力と聴解力を育む。さらには語彙・英語表現力の増強と口頭の発話練習を行うことによって、自信をもって英語で発信できる素地をつくる。
また将来の留学を見据えて、大学生活や研究に必要な語彙や英語表現を学ぶ。ここにはTOEFL形式の問題演習が含まれる。

大学レベルの学修・研究の場で、英語を使って関係者とコミュニケーションを取りながら成果を生み出していくためには、自らが発言をして仲間たちとの関係を構築していくことが必要となる。そのために、「英語第一」では文字として、また発言として自分の存在を知らせるしっかりした発信ができるような姿勢を学生が身に着けることを期待する。さらに、その発言が説得力を持つためには、大量の材料を受け入れた上で正確な情報を見きわめ、公正で妥当な判断力にもとづいて意見をまとめ、さらには誤解を招かないよう適切に表現していかなければならない。この授業はそういった情報受容と整理及び発信までを統合する高度の英語運用力獲得への基盤構築をねらいとする。

この授業科目では、学生はあらかじめ指定されたクラスの履修申告を行い、そのクラスで受講する。各クラスの担当教員は、「講義の概要とねらい」「到達目標」「キーワード」及び「学生が身につける力」を基本的な枠組みとして授業計画を作成し、授業を実施する。

到達目標

この授業科目では、次のような英語の知識と運用力、及びコミュニケーションへの姿勢を身につけることを目標とする。
・将来の海外留学を意識しながら、大学での学修・研究活動に必要な英語運用力の範囲を知る
・海外事情、異文化理解、及び科学・技術の基礎を含む幅広い英語材料について要点を把握できる読解力及び聴解力
・発信のために有効な語彙や英語表現法についての知識を増やす
・英語を使って積極的に発言しようとする意欲をのばす
・論点をしぼり、構成を意識した短いパラグラフを英語で書く力をつける

キーワード

英語運用の四技能 国際意識醸成 コミュニケーション 留学 TOEFL 

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

教科書の下記の各課で:
1. 学生は、授業の前にしっかり本文を読み練習問題をやっておくことが求められる。
2. 授業では、(1) その答えをチェックし、(2) 本文の重要なポイントを明らかにし、(3) 役に立つ表現を教え、(4) 必要に応じてその他の演習を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 イントロダクション 小テスト 小テスト
第2回 Unit 1: Basic Math Terms 文法:テンスとアスペクト (1) 1. 基礎数学用語を理解する 2. 基礎数学用語に関連した語句を学ぶ 3. 時制やアスペクトの使い分けを学ぶ
第3回 Unit 2: Atoms and Radiation 文法:テンスとアスペクト (2) 1. 原子と放射能について理解する 2. 原子と放射能に関連した語句を学ぶ 3. 時制やアスペクトの使い分けを学ぶ
第4回 Unit 3: Forces and Movement 文法:可算名詞と不可算名詞 1. 力と運動について理解する 2. 力と運動に関連した語句を学ぶ 3. 可算名詞と不可算名詞の使い分けを学ぶ
第5回 Story 1: Nihonium (1) 新聞記事の読み方 (1) 1. 新元素ニホニウム発見についての文章を読む 2. 英字新聞の記事の読み方を学ぶ
第6回 Story 1: Nihonium (2) 新聞記事の読み方 (2) 文法:分詞 1. 新元素ニホニウム発見についての文章を読む 2. 英字新聞の記事の読み方を学ぶ 3. 現在分詞と過去分詞の使い方を学ぶ
第7回 テスト まとめ 到達度確認 総復習

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

笹島茂ほか _CLIL Basic Science & Math_
東京:三修社、2018年。

参考書、講義資料等

必要に応じて授業でハンドアウトを配布する。

成績評価の基準及び方法

授業で学んだことを実際にどれだけ活用できるかで評価する。

授業中の活動および提出課題等:30%
試験:70%

関連する科目

  • LAE.E112 : 英語第二
  • LAE.E113 : 英語第三
  • LAE.E114 : 英語第四
  • LAE.E211 : 英語第五
  • LAE.E212 : 英語第六
  • LAE.E213 : 英語第七
  • LAE.E214 : 英語第八
  • LAE.E311 : 英語第九

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

その他

授業計画は、学生の理解度等によって変更される可能性もある。

このページのトップへ