2018年度 英語第三 20-RW   English 3 20-RW

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
英語科目
担当教員名
原田 大介 
授業形態
演習
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
月1-2(S224)  
クラス
20-RW
科目コード
LAE.E113
単位数
1
開講年度
2018年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2018年3月20日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

この授業科目では、大学レベルでの学修・研究活動を英語で行うために必要な英語運用力の向上を目的とした演習を行う。国際意識の醸成に資する目的で海外事情・異文化理解に関する教材を用いるほか、科学技術に関係する英語素材を用いる。英語の読解力と聴解力の向上を目指す訓練に加え、口頭の発話練習および構成を考えながらパラグラフを書く訓練を行うことによって、英語での発信に習熟することも目指す。

この授業では、RW(読解および作文に重点)とLS(聴解および発話に重点)の二種類のクラス編成が行われる。RWクラスでは、様々なタイプの比較的長い英文を読み、さらに自分の考えを表現するために一定の長さの英文を書く力を伸ばすことに重点が置かれる。LSクラスでは、まとまった長さの講演やスピーチ等を聞いて理解した上で、口頭で自分の考えを発信する力を伸ばすことに重点が置かれる。

この授業科目では、学生はあらかじめ指定されたクラスの学修申告を行い、そのクラスで受講する。各クラスの担当教員は、「講義の概要と狙い」「到達目標」および「キーワード」を基本的な枠組みとして授業計画を作成し、授業を実施する。

到達目標

この授業科目では、次のような英語の知識と運用力およびコミュニケーションへの姿勢を身につけることを目標とする。
・将来の留学を意識しながら,大学での学修・研究活動に必要な英語運用能力を伸ばす。
・ 海外事情、異文化理解、及び科学・技術の基礎を含む幅広い英語材料について内容を正確に理解できる読解力及び聴解力を身につける。
・ 構成を意識したパラグラフおよび短いエッセイを書くことができる。
・ 英語を使って積極的に発言する姿勢を身につけ、口頭表現の力を伸ばす。

キーワード

英語運用の四技能 国際意識醸成 コミュニケーション 留学 TOEFL

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

学生には授業前にテキストの各ユニットを読んでおくことを求める。授業では、(1)各回のポイント説明、(2)演習問題の解答確認を行う。その後、(3)学生にその回のポイントを利用して、比較的平易な題材について英語による説明を組み立て、口頭もしくは文章で発表してもらう。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 Unit 1 Study Abroad / Values Textbook, pp. 2-7
第2回 Unit 2 Nuclear Power / Facts and Opinions Textbook, pp. 8-13
第3回 Unit 3 Immigration / Belief or Prejudice? Textbook, pp. 14-19
第4回 Unit 4 The Social Safety Net / Reasons and Evidence in Support of Positions Textbook, pp. 20-25
第5回 Unit 5 Global Warming / Criteria for Evaluation Textbook, pp. 26-31
第6回 Unit 6 Women in the Workplace / Relevant and Irrelevant Facts and Details Textbook, pp. 32-37
第7回 Unit 7 School on Saturdays / Critiquing an Argument Textbook, pp. 38-43
第8回 まとめと試験 総合演習問題

教科書

Michael Hood, Think Smart: Critical Thinking in Critical Times. 『課題解決力を鍛える英語演習』(金星堂, 2018)

参考書、講義資料等

特になし

成績評価の基準及び方法

評価は英語の運用力とコミュニケーションに対する姿勢をもとに行う。
授業での発言及び参加度 20% 提出課題 30% 期末試験 50%

関連する科目

  • LAE.E114 : 英語第四

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

その他

特になし

このページのトップへ