2016年度 アカデミックプレゼンテーション第九 1   Academic Presentation 9

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
英語科目
担当教員名
安納 真理子 
授業形態
演習
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
水3-4(W332)  
クラス
1
科目コード
LAE.E341
単位数
1
開講年度
2016年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2016年4月27日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

「アカデミック・プレゼンテーション」のコースはすべて、学生が自信をもって効果的なプレゼンテーションをおこなうための技能を修得することを目的とする。実践に重点をおくコースであるため、学生は学期中に複数のプレゼンテーションをおこなう。また、よい質問の仕方や積極的な聞き手になる方法を学び、リスニングの力を向上させる。

300番台の選択科目として、「アカデミック・プレゼンテーション第九」では、200番台の「英語プレゼンテーション演習」コースよりは高度な内容の演習をおこなう。自分の考えを聞き手に明晰に伝えるために必要な技能を身につけることを目指す。

到達目標

コース終了時には、学生は一人で優れた構成のプレゼンテーションをおこない、質疑応答をこなすことができる。また、言語によるメッセージと非言語のメッセージをともに意識しつつ、聴衆を惹きつける発表をおこない、聴衆からの質問にも巧みに答えることができる。

キーワード

プレゼンテーション・スキル、リスニング・スキル、コミュニケーション・スキル

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

Attendance is taken at each class. For each class, students are expected to complete the homework in advance and actively participate in class discussions. Students will deliver a presentation after every other unit, receiving feedback back from their colleagues and instructor. (Note: Assignments turned in late are penalized. Syllabus is subject to change based on the levels, needs, and actual number of students.)

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 Introduction Unit 1: Good speeches, good speakers Identify course aims. Outline a speech. Identify one's role as a speaker.
第2回 Unit 2: Introduce yourself! Describe oneself. Demonstrate good eye contact and body language. Comprehend elements of the Introduction.
第3回 Unit 1, 2 Presentation Unit 3: Someone you should know Deliver a presentation. Demonstrate effective presentation skills while maintaining good posture. Introduce others using descriptive details.
第4回 Unit 4: Have you ever been there? Brainstorm ideas. Use gestures to emphasize key points in speech.
第5回 Unit 3, 4 Presentation Unit 5: How to make a spectacular dish! Deliver a presentation. Practice enunciation. Talk about processes.
第6回 Unit 6: Let me tell you what happened… Practice projecting voice and varying vocal pace and tone. Conduct audience analysis to improve speech. Inform audience about past experiences.
第7回 Unit 7: In the world today… Unit 8: Cause and consequence Differentiate facts and opinions when talking about current events. Explain causes of problems.
第8回 Unit 8: Cause and consequence Final Presentation Explain causes of problems. Deliver Final Presentation. Identify course aims.

教科書

Hood, Michael. Dynamic Presentation: Skills and Strategies for Public Speaking. Tokyo: Kirihara Shoten, 2007. (ISBN: 978-4-342-54970-0)

参考書、講義資料等

Additional handouts will be distributed in class.

成績評価の基準及び方法

Class Participation and Attendance, 25%
Homework and In-class Assignments, 15%
Presentations, 30%
Final Presentation and Paper, 30%

関連する科目

  • LAE.E342 : アカデミックプレゼンテーション第十

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

その他

本科目はLAE.E342と共に履修することが望ましい。
この授業の履修を計画している学生は必ず初回の授業に出席すること。

このページのトップへ