2021年度 文系エッセンス3:宗教学   Essence of Humanities and Social Sciences3:Religion

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
弓山 達也 
授業形態
講義    (ZOOM)
曜日・時限(講義室)
水3-4  
クラス
-
科目コード
LAH.S403
単位数
1
開講年度
2021年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2021年11月23日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

本講義では宗教学の基本を学ぶ。特に現代における宗教の定義や機能に注目しつつ、具体的にはカルト、年中行事、スピリチュアリティを扱う。

到達目標

以下の3つを目指す。
(1)現代宗教状況に関する知識を得る。
(2)宗教の可能性と危険性を説明できる。
(3)宗教に関する自分の考えを語る。

キーワード

宗教、カルト、スピリチュアリティ

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

教員からの問いに対してディスカッションか小レポートで応えるなどして、互いの意見を交換し、認識を深めていきたい。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 講義概要―宗教とは何か― 自身の宗教観について小レポートにしたためる。
第2回 宗教の定義
第3回 宗教の機能
第4回 カルトは宗教か? このテーマについて議論する。
第5回 初詣は宗教か? このテーマについて議論する。
第6回 宗教とスピリチュリティ このテーマについて議論する。
第7回 まとめ

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

特になし。

参考書、講義資料等

検討する資料や情報は講義中に示す。

成績評価の基準及び方法

ディスカッション35%、小レポート35%、確認テスト30%

関連する科目

  • LAH.H106 : 宗教学A
  • LAH.H206 : 宗教学B
  • LAH.H306 : 宗教学C
  • SHS.U444 : 文化・芸術分野特論F1B

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし。

このページのトップへ