2019年度 言語学D   Linguistics D

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
山元 啓史 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
水9-10(W932)  
クラス
-
科目コード
LAH.A411
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2019年8月5日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

本科目では、言語、とりわけ日本語の使用の実態と日本社会との関わりを中心に、講義・演習を行う。
授業は演習とディスカッションで構成され、その実施方法には、言語学における課題、調査方法、調査の方法実習、調査の結果と考察が含まれる。
さらに、言語の実態を踏まえ、言語の習得場面、現実的な言語教育の方法について議論を行う。
これらの講義・演習を通して、科学者・工学者としての言語に対する洞察力・考察力を養う。

到達目標

このクラスの目的は、言語と社会、言語と自分との関係を理解することです。
レポートを書くことによって、言語を説明する方法を学びます。
ディスカッションを通して、個人的な言語に対する偏見を取り除くことです。
試験のための質問を作成することによって、言語学の分野に横たわる問題に気づくことでしょう。

キーワード

言語と社会、言語における問題、統語論、意味論

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
-

授業の進め方

資料、ビデオ、計算結果などを用い、問題提起を行い、それに従ってディスカッションを進める。ディスカッションの内容は学生に逐次インタビューを行い、さらに深い議論を展開する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 授業の進め方、最終課題の説明 興味に合った言語研究のテーマを選び、研究レポートの執筆計画を立ててください。
第2回 社会言語学 同じ言語でも、人、地方、時代により言語が変容する例をあげなさい。
第3回 通時言語学と共時言語学 言語において時間と空間を越えて共通なもの、変わるものについて例をあげなさい。
第4回 言語習得理論 言語を習得する理論として何があげられるかについて議論しなさい。
第5回 認知心理学と言語学 心理学と言語学の接点と違いについて述べなさい。
第6回 言語学と関連科学 言語学が他の諸科学に対して貢献できることは何かを述べなさい。
第7回 研究発表会及び試験 初回に設定したテーマについて研究発表をしなさい。
第8回 反省会とまとめ、最終論文提出方法の確認 研究発表のコメント・質問を元に、論文を執筆しなさい。

教科書

Linguistics For Dummies®
Published by John Wiley & Sons Canada, Ltd.
6045 Freemont Blvd. Mississauga, Ontario, L5R 4J3

参考書、講義資料等

An Introduction to Language
Victoria Fromkin, Robert Rodman and Nina Hyams
http://dinus.ac.id/repository/docs/ajar/intro_to_lang_fromkin.pdf

成績評価の基準及び方法

授業は毎回出席を原則とする。
ディスカッションに積極的に参加すること。
各回の課題及び最終試験と小論文は必須。

関連する科目

  • LAH.T109 : 言語学A
  • LAH.T210 : 言語学B
  • LAH.T309 : 言語学C
  • LAH.A551 : 言語学E

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

英語のディスカッションは必須。
言語学 A, B, C を受講していることが望ましい。
日本語の基礎知識があることが望ましい。
欠席の可能性がある場合には受講できません。
出席、ポスター発表、討論、試験問題の準備など、適切に作成しなければならない課題/提出はすべて必須です。
最終試験は口頭試験です。
すべての課題を提出しても試験問題に答えられない場合は失敗しますので、注意してください。
授業中に話し合いをする意欲がない生徒はその場で拒否されるか、キャンセルされます。
議論が苦手な生徒はこの講義には適していませんので、他の科目をお勧めします。

その他

教員は楽しく意義のある講義を行うことに努力します。

このページのトップへ