2019年度 融合系ゼミ(社会科学への量的アプローチ入門)1   Seminar on Transdisciplinary Studies (Introduction to Quantitative Approach to Social Science)1

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
毛塚 和宏 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
LAH.T258
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
1-2Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

本ゼミでは,文献を輪読し,社会科学の量的アプローチを学ぶ.受講者は,担当箇所に対してレジュメを作成し,他の受講者がわかるようにプレゼンテーションを行う.
前期は計量経済学に関する文献を輪読する.
受講希望者は事前にメールにて4/5までにコンタクトを取ること.木曜日9-10限に授業を行う.初回授業は4/11である.

到達目標

社会科学において,計量分析に基づく議論ができるようになる.

キーワード

ゼミ, 計量分析, 統計学

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力

授業の進め方

学生による輪読,輪講,ディスカッション,プレゼンテーションによる進める.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 学生による輪読,輪講,ディスカッション,プレゼンテーション 適宜指示する.

教科書

ゼミで指示する.

参考書、講義資料等

ゼミで指示する.

成績評価の基準及び方法

レジュメの作成:30%, プレゼンテーション:30%, 授業での貢献:40%

関連する科目

  • LAH.T101 : 統計学A
  • LAH.T201 : 統計学B
  • LAH.T301 : 統計学C
  • LAH.S434 : 文系エッセンス38:統計学

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし.

このページのトップへ