2019年度 文系エッセンス41:数学史および天文学史   Essence of Humanities and Social Sciences41:History of Mathematics and Astronomy

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
大橋 由紀夫 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
水1-2(J221)  
クラス
-
科目コード
LAH.S436
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
2019年6月11日
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

様々な地域での数学・天文学の歴史について紹介する。

到達目標

数学・天文学の歴史的な様々な方法、およびそれらの社会との関係について理解する。

キーワード

数学史、天文学史、科学史

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - - -

授業の進め方

それぞれの地域の数学・天文学史を概観したあと、時には史料を読み、小レポートを書くことを求める。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 序論、古代エジプト・メソポタミアの数学・天文学 古代エジプトおよびメソポタミアにおける初期の数学・天文学の発展について理解する。
第2回 古代ギリシャ・ローマの数学・天文学 公理的幾何学、天動説、ユリウス暦などについて理解する。
第3回 インドの伝統的数学・天文学 伝統的インドにおける十進法の位取り記数法、代数学、暦法のための天文学、球面天文学における三角法などについて理解する。
第4回 中国の伝統的数学・天文学 伝統的中国における実用的な数学、宇宙論と天文学のための数学、算木やそろばんによる計算法などについて理解する。
第5回 韓国・日本の伝統的数学・天文学 伝統的韓国・日本における中国系の数学・天文学について理解する。さらに日本の伝統的数学「和算」についての実例を見る。
第6回 チベット・東南アジアの伝統的数学・天文学 チベット、東南アジアにおける、中国・インド・イスラーム世界の影響と独自の文化的伝統が作り出した興味深い数学・天文学について理解する。
第7回 イスラーム世界・中世ヨーロッパの数学・天文学 イスラーム世界におけるギリシャ系天文学やインド系数学のさらなる発展、および中世ヨーロッパにおける商業・美術・音楽などにおける数量化について理解する。
第8回 近代数学・天文学の発展、結論 近代の数学・天文学の歴史について概観する。

教科書

なし。

参考書、講義資料等

OCW-i に掲載予定。

成績評価の基準及び方法

教室での小レポート等、および期末レポート。

関連する科目

  • LAH.T102 : 科学史A
  • LAH.T202 : 科学史B
  • LAH.T302 : 科学史C
  • LAH.S433 : 文系エッセンス37:科学史

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし。

その他

4月10日(水)は、新入生向けの文系教養科目一斉オリエンテーションを
行うため、授業は実施しません。
なおこのオリエンテーションは新入生向けのため、
修士2年生以上の学生は参加する必要はありません。
授業の初回は4月17日(水)です。

このページのトップへ