2019年度 教養特論:アートとデザイン   Special Lecture: Art and Design

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
田中 みゆき 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
木1-2(W9-714)  
クラス
-
科目コード
LAH.H217
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2019年8月19日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

アートとデザインは、本来異なる役割を持ちながらも、見た目には違いが明らかでないことも多いためか、しばしば混同されがちな概念である。とりわけ、メディアやビジネス、そしてアーティストやデザイナーのあり方の多様化に伴い、さらに境界が曖昧になっていると言えるだろう。
しかし、アートとデザインを区別し見分けることができるようになることがこの講義の目的ではない。そうではなく、それぞれ異なった意図のもとに生み出され、社会に受容されてきたさまざまなアートやデザインの事例を通して、境界を曖昧にしている要因とそれぞれの役割を考察したいと思う。また、あらゆる表現に欠かせないものとなったテクノロジーについても取り上げたい。それらの事例に触れることで、表現する/伝えるという行為、ひいては生き方の多様性について考え、実践する機会になればと思う。

到達目標

 本講義を履修することによって次の能力を修得する。
1) アートとデザインそれぞれの概念を自分の言葉で説明できる。
2) 目的に応じたアートとデザインの使い分けができる。
3) 表現の批評的な見方を身につけることができる。
4) 意図を効果的に伝えるための表現手法を選択し、発表できる。

キーワード

アート、デザイン、コミュニケーション

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

毎回設定したテーマに関する事例を紹介し、それをもとにディスカッションを行う。また、授業の最後に簡単な課題を出す。普段から身の周りにあるアートやデザインの表現に注意を払い、それが何を伝えようとしているか考える習慣をつけること。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 イントロダクション 時代と共に変化するアートとデザインの概念の説明
第2回 お金 お金におけるアートとデザインの事例の理解と問題の説明
第3回 食におけるアートとデザインの事例の理解と問題の説明
第4回 暮らし 生活におけるアートとデザインの事例の理解と問題の説明
第5回 コミュニケーション コミュニケーションにおけるアートとデザインの事例の理解と問題の説明
第6回 教育 教育におけるアートとデザインの事例の理解と問題の説明
第7回 生と死 生と死におけるアートとデザインの事例の理解と問題の説明
第8回 演習:作品をつくる コンセプトを立て作品を発表し、議論する。

教科書

特になし

参考書、講義資料等

後学期に入ってから具体的な参考書や参考資料を指示する予定

成績評価の基準及び方法

出席(20%)、授業参加(30%)、課題提出(50%)

関連する科目

  • LAH.H102 : 芸術A
  • LAH.H202 : 芸術B
  • LAH.H302 : 芸術C

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

なし

このページのトップへ