2019年度 文系エッセンス28:音楽と社会   Essence of Humanities and Social Sciences28: 'Our' Sounds - Music, Society, Community

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
DE FERRANTI HUGH BARRY ZIANI 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
水3-4(H135)  
クラス
-
科目コード
LAH.S428
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

音楽は、社会を構成するメンバーであり、かつひとりの個人でもある人間にとって、さまざまな意味を持ちます。この授業では、その多様な意味について学びます。毎週、主にアメリカイリノイ州立大学の Thomas Turino による2007年Music as Social Lifeという名著を読みます。Turinoからのチャプターや抜粋の中身を音楽(曲・歌・踊り)の例に繋げて話し合います。また、授業の課題は、履修者の(聴講者、愛好者・ファン、学習者、演奏家、もしかすると作曲家としての)実際の音楽経験にもとづいて行います。

到達目標

* 音楽はなぜ極めて大切か」という質問に対して、様々な代表的な観点
* 奏者や聴覚者・「反応者」において、音楽による意味のメカニズムを分析的に理解・説明するための基本概念や単語
* 個人あるいはグループのアイデンティティが音楽によって「生じられる」ことについての諸説

キーワード

社会、参加、演奏、アイデンティティ、他者そして他文化との共生

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

1. 授業の前に指定された文章を読み、音楽教材の抜粋を聞く。 英語で短いサマリーを書いて提出することとなります。
2. 各授業においては指定された生徒たちのグループは読んだ文章についての感想、コメントやディスカッションを行います。
3. (参照文献を含まないで)1,200単語程度のペーパー/ 小論文を8週目間までに提出することとなります。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 授業と基本概念の概要、履修者の実際の音楽経験 授業の諸目的を把握すること。履修者が 参加している(または参加した)「音楽によるコミュニティ」を考慮して話し合うこと。
第2回 Turino 2007, Chapter 1; Small 1998, 1-11 指定された履修者のグループはTurinoかSmallの数ページを担当して、その内容について用意してきた質問やコメントを元に議論すること。
第3回 Turino Chapter 2, pp23-51; Small 1998, 11-18 指定された履修者のグループはTurinoの数ページを担当して、その内容について用意してきた質問やコメントを元に議論すること。
第4回 Turino Chapter 2, pp51-65 指定された履修者の個人かペーアはTurinoの数ページを担当して、その内容について用意してきた質問やコメントを元に議論すること
第5回 Turino Chapter 4, 93-116 only 指定された履修者の個人かペーアはTurinoの数ページを担当して、その内容について用意してきた質問やコメントを元に議論すること
第6回 Turino Chapter 7, 210-224 only 指定された履修者の個人かペーアはTurinoの数ページを担当して、その内容について用意してきた質問やコメントを元に議論すること
第7回 Turino Chapter 8 教員が承認したテーマについて短い個人プレゼンテーションを行います。勉強してきたTurinoなどによる概念や方法についての理解を示すこと。そしてプレゼンテーションに基づいたペーパー/ 小論文を授業後1週間以内に提出することとなります。
第8回 Review; written assignments due 勉強してきたTurinoなどによる概念や方法についての理解を示すこと。 小論文を提出することとなります。

教科書

Music as Social Life, by Thomas Turino (University of Chicago Press, 2007)

参考書、講義資料等

Copies of some additional and optional reading materials will be provided by the instructor.

成績評価の基準及び方法

授業参加   20%
グループによる口頭リポート 20%
英文サマリー 30%
レポート(英文ペーパー)口頭リポートをした場合は30%。していなかった場合は50%

関連する科目

  • LAH.S429 : 文系エッセンス29:音楽と異文化
  • TAL.L404 : 文系エッセンス29:音楽と異文化(リーダーシップ教育院)

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

音楽学や音楽理論に関する高いレベルの知識や経験は必要ありません(このことについて質問があれば授業開始より前にe-mailにてお知らせください)。必須事項は、音楽をじっくり聞き、音楽を深く理解したいという願望を持ち、なぜ人間が音楽無しでは生きられないのか知りたいと希望すること、また、音楽について理論的に考察し、話し、描くことができるようになることが目的です。また、英語で読み書きできることも必須です

このページのトップへ