2019年度 世界を知る:東アジア   Area Studies: East Asia

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
崔 盛旭 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
水3-4(W241)  
クラス
-
科目コード
LAH.A502
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

韓国の政治、社会、文化の思想的土台の一翼を担っているとも言える「3反(反共・反日・反米)」を通して朝鮮半島の近・現代史を考える。そして、その歴史によって生み出された在日韓国・朝鮮人、中国朝鮮族、北朝鮮脱出住民(脱北者)から東アジアにおける韓国のナショナリズムとグローバリズム、ディアスポラについて探る。講義では主に映画作品を中心に、以上のテーマにアプローチする。

到達目標

1)韓国の近・現代史を知るキーワードとしての「反共・反日・反米」を理解する。                         2)「在日韓国・朝鮮人、朝鮮族、脱北者」を通して「日韓、中韓、南北」の関係を理解する。                    3)東アジアにおける韓国の位置づけを理解する。

キーワード

韓国、在日韓国・朝鮮人、朝鮮族、脱北者、東アジア

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

授業の内容に合わせて映画作品を上映しながら講義をする。毎回、学生による意見発表や質疑応答を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 韓国の近・現代史の流れ 1910年(日韓併合)以降から現在まで、日韓の間の主な出来事を調べる。
第2回 「3反」の構造(1):反日とその克服 朝鮮における植民地政策について調べる。
第3回 「3反」の構造(2):反共・親米、そして容共・反米 朝鮮戦争の経緯について調べる。
第4回 在日韓国・朝鮮人(1):なぜ、いつから日本に? 日本の外国人登録制度について調べる。
第5回 在日韓国・朝鮮人(2):境界と雑種 文化の雑種性という概念について調べる。
第6回 中国朝鮮族:民族と国家の狭間 日本における「朝鮮族」のイメージについて考える。
第7回 北朝鮮脱出住民:どこへいく? 韓国の住民登録制度について調べる。
第8回 まとめ:東アジアにおける朝鮮半島発ディアスポラ ナショナリズムについて考える。

教科書

参考映画作品と、パワーポイントで作成した教材などを使う。

参考書、講義資料等

特になし

成績評価の基準及び方法

レポートによる評価。授業の内容を参考にテーマを決め、レポートを書いて提出。

関連する科目

  • LAH.A501 : 世界を知る:ヨーロッパ
  • LAH.A503 : 世界を知る:中南米
  • LAH.A504 : 世界を知る:中東・アフリカ
  • LAH.A505 : 世界を知る:南・東南アジア
  • LAH.A506 : 世界を知る:北米・オセアニア

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

その他

4月10日(水)は、新入生向けの文系教養科目一斉オリエンテーションを
行うため、授業は実施しません。
なおこのオリエンテーションは新入生向けのため、
修士2年生以上の学生は参加する必要はありません。
授業の初回は4月17日(水)です。

このページのトップへ