2018年度 文系エッセンス26:国際関係論   Essence of Humanities and Social Sciences26:International Relations

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
川名 晋史 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
水3-4(B223)  
クラス
-
科目コード
LAH.S426
単位数
1
開講年度
2018年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2018年3月20日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

本講義では戦後の日本外交の歴史を、とりわけ安全保障問題に焦点を当てて考察する。
各回では、それぞれ日米同盟、米軍基地、自衛隊、集団的自衛権、武器輸出、領土問題をテーマとして扱う。
教員による講義のみならず受講者との討議をつうじて当該テーマの「何が問題なのか」、「何をめぐる対立なのか」、「解決策はあるのか」等の問題を考えていく。

到達目標

本講義を履修することで、受講者は戦後日本外交の論点を理解し、批判的に思考する能力を修得する。

キーワード

日本外交、安全保障政策、対米関係

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

本講義は教員による講義と受講者間の討議を通じて構成される。よって、受講者は教科書の該当箇所を事前に熟読しておかなければならない。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ガイダンス 外交とはなにか?日本における戦後とはなにか?
第2回 日米同盟 日米同盟の歴史と課題を理解する
第3回 米軍基地 米軍基地の歴史と課題を理解する
第4回 自衛隊 自衛隊の歴史と課題を理解する
第5回 集団的自衛権 集団的自衛権となにか?課題を理解する
第6回 武器輸出 「武器輸出」めぐる歴史と課題を理解する
第7回 領土問題 領土問題をめぐる歴史と課題を理解する
第8回 まとめ 授業のまとめ

教科書

佐藤史郎、川名晋史(他編)『日本外交の論点』(法律文化社、2018年)
ISBN: 978-4-589-03903-3

参考書、講義資料等

必要に応じて配布する

成績評価の基準及び方法

討議への貢献(40%)、期末レポート(60%)

関連する科目

  • LAH.S104 : 国際関係論A
  • LAH.S204 : 国際関係論B
  • LAH.S305 : 国際関係論C

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

事前に身につけているべき知識はない。

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

shinji.kawana[at]ila.titech.ac.jp

オフィスアワー

メールで事前予約すること。

このページのトップへ