2018年度 人文学系ゼミ(自分発見、社会・文化・人間探求セッション)4   Seminar on Humanities(Culture, Society and Humanity)4

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
上田 紀行 
授業形態
演習
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
LAH.H351
単位数
2
開講年度
2018年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2018年8月31日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

自分発見、社会・文化・人間探求に関するテーマを各自が選んで発表し、ディスカッションを行う。第3第4クォーターを通して行い、水曜日の午後にまとめて何回分かのゼミを開講するほか、春休み前に一泊二日の発表合宿を行う。
受講希望者は必ずガイダンスに参加してください。 ガイダンス:10月4日(木)12時25分~13時10分 西9号館9階910ゼミ室

到達目標

多くのテーマについて深い知識を得ると共に、プレゼンテーション力、他者への共感力、ディスカッション力を身につける。また非常に深い話ができる一生ものの仲間を得る。

キーワード

文化、社会、人間、多様性、発表、ディスカッション

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

発表とディスカッションによる少人数ゼミ
受講希望者は必ずガイダンスに参加してください。
ガイダンス:10月4日(木)12時25分~13時10分 西9号館9階910ゼミ室

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 イントロダクション ゼミの進行、発表方法について学ぶ。
第2回 発表とディスカッション1 各自の発表とディスカッションを行う。
第3回 発表とディスカッション2 各自の発表とディスカッションを行う。
第4回 発表とディスカッション3 各自の発表とディスカッションを行う。
第5回 発表とディスカッション4 各自の発表とディスカッションを行う。
第6回 発表とディスカッション5 各自の発表とディスカッションを行う。
第7回 発表とディスカッション6 各自の発表とディスカッションを行う。
第8回 発表とディスカッション7 各自の発表とディスカッションを行う。
第9回 ゼミ合宿1 合宿で発表とディスカッションを行う。
第10回 ゼミ合宿2 合宿で発表とディスカッションを行う。
第11回 ゼミ合宿3 合宿で発表とディスカッションを行う。
第12回 ゼミ合宿4 合宿で発表とディスカッションを行う。
第13回 ゼミ合宿5 合宿で発表とディスカッションを行う。
第14回 ゼミ合宿6 合宿で発表とディスカッションを行う。
第15回 まとめ ゼミのまとめを行う。

教科書

特定の教科書は使用しない。

参考書、講義資料等

講義中に指示する

成績評価の基準及び方法

発表とディスカッションへの貢献を評価する。

関連する科目

  • 特になし

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

事前に身につけているべき知識や技術はない。

このページのトップへ