2017年度 人文社会学系ワークショップ   Workshop on Humanities and Sociology

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
林 直亨  室田 真男  佐久間 邦弘  鈴木 悠太  小泉 勇人 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
月3-4(W242)  木3-4(W242)  
クラス
-
科目コード
LAH.T317
単位数
2
開講年度
2017年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2017年8月21日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

この講義では,内容の検討(専門分野と世界とのつながりを批判的によく考える)と,ライティングスキルを向上させること,ピアレビューを行ってみること,の3点を通して,自分の考えをよりよい文章にまとめることをめざす.
以下の活動を行い,3つのスキルを向上させる.
・文章の内容についてよく考える.本授業では,「なぜ,自分の専門とする予定の分野を学ぼうと思ったのか」.「学ぶ内容が,どのように世界をよくすることに貢献できると思うか」(Why, Howの探索),「教養科目について思い起こし,世界をよくするとはどういうことか」(Whatの探索)を題材に考える.
・アカデミックライティングの基本的な理解(パラグラフライティングや適切な引用を中心に)
・他者の文章を改善させる活動の実践(ピアレビュー)

到達目標

・自らが学ぶ・これから学ぶ専門が,世界の中でどのような位置づけにあるのかを意識する(文章内容の構想・ブラッシュアップ).
・自らの考えを文章として適切に表現することができる(ライティングスキル向上).
・仲間の文章を批判的に読みつつ,適切に改善する手助け(ピアレビュー)ができる.
・以下の課題で5,000~10,000文字程度のエッセー(ここでは教養卒論と称する)を執筆する.「これまでに学んだ教養(大学入学あるいはそれ以前からこれまで)を踏まえ,科学技術あるいは自分の専門分野と人間,社会,歴史,文化などとのかかわりを考えながら,世界をよくすることにどう貢献したいか・できるか,そのためには何を学ぶことが必要かを述べなさい.」

キーワード

ライティング、ピアレビュー、実践、オンライン活動、改善、批判的思考

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力

授業の進め方

前半ではテーマの設定,ライティングスタイルの修得を目指す.後半では大学院のピアレビュー実践クラスの支援を受けつつ,ピアレビューを実践する.ピアレビューを通して教養卒論をブラッシュアップし,ライティングのスキルを向上させる.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 イントロダクション,テーマ探しのグループワーク,パラグラフライティングの理解. (宿題)2回目に向けて社会問題のトピックに関して300文字程度の段落を1つを書く
第2回 ピアレビューの心得を習得する. 文章の読み合わせ・レビュー(パラグラフライティングを意識),悪いパラグラフの例を改善・批判する.
第3回 引用について理解する. 与えられた引用を用いて文章作成
第4回 引用のピアレビュー,文章の全体構想を考える. 自分のテーマでタイトルを決め,構造を作り,トピックセンテンスおよび具体例とその意味・理由を書き出してくる.
第5回 構成の組み立て 構成の執筆
第6回 グループで構成のピアレビュー 構成のピアレビュー
第7回 グループで構成のピアレビュー 構成のピアレビュー
第8回 第1稿の執筆 第1稿を執筆する
第9回 第1稿の執筆 第1稿を執筆する
第10回 第1稿ピアレビュー,オンラインピアレビュー方法の理解 第1稿をピアレビューする
第11回 第1稿ピアレビュー,オンラインピアレビュー方法の理解 第1稿をピアレビューする
第12回 オンラインピアレビュー 教養卒論をオンラインでピアレビューし,それに基づいてリバイスする.
第13回 オンラインピアレビュー 教養卒論をオンラインでピアレビューし,それに基づいてリバイスする.
第14回 ピアレビューを受けての最終リバイス ピアレビューに基づいて最終的なリバイスを行う.最終稿の要約作成(宿題)
第15回 最終稿要約発表,振り返り 各自の教養卒論を短時間で発表する.

教科書

後日指定する.

参考書、講義資料等

ケイト・L・トゥラビアン (著) シカゴ・スタイル 研究論文執筆マニュアル 慶應義塾大学出版会

成績評価の基準及び方法

成績評価の基準及び方法

コミットメント点50点,教養卒論の内容50点.

関連する科目

  • LAH.C401 : リーダーシップ道場
  • LAH.C101 : 東工大立志プロジェクト
  • LAH.C301 : 教養卒論

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

3年生以上のみ受講可.

このページのトップへ