2017年度 社会モデリングB   Social Modeling B

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
岩井 淳 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
月1-2(S221)  木1-2(S221)  
クラス
-
科目コード
LAH.T209
単位数
2
開講年度
2017年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2017年3月17日
講義資料更新日
2017年11月29日
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

本講義では,社会的意思決定過程のモデルに関わる基本理論を提示する。主要な論点として,社会的選択理論の重要定理について講義する。本講義の内容は,民主主義,意思決定支援,厚生主義,帰結主義に関する議論を含む。講義では様々な投票手法も紹介され,そのいくつかは情報時代において特に魅力的に思われる。本講義のねらいは,社会的意思決定に関する理論を学ぶ機会と,この領域における独立した研究的関心を育むような機会を,受講生に提供することである。

到達目標

各学生には,アローの不可能性定理の証明と多数決に関するいくつかの主要な定理を理解することを期待している。

キーワード

社会的選択理論,アローの不可能性定理,多数決,合理性

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

社会的意思決定に関連した多くの項目を講義と議論を通して学ぶ。受講生には授業前に関連書籍と参考文献に目を通しておくことを期待する。また,口頭での議論の準備にも多くの時間を当てることが望ましい。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 意思決定における非合理性 個人的決定と社会的決定におけるいくつかの非合理的な側面について理解すること。
第2回 社会的選択の表現1 選好の基本的な表記法を理解すること。
第3回 社会的選択の表現2 選択関数の概念について理解すること。
第4回 社会的選択の表現3 合理的選択の概念について理解すること。
第5回 社会的選択の表現4 集合的選択ルールの表記法について理解すること。
第6回 社会的厚生関数 社会的厚生関数の概念を理解すること。
第7回 アローの民主制の不可能定理 アローの民主制の不可能性定理の証明を理解すること。
第8回 社会的決定関数と可能性定理 社会的決定関数の概念とセンの可能性定理のいくつかを理解すること。
第9回 多数決の概念1 多数決のための基礎的な表記法を導入する。その表記法と関連する主要な数式を理解すること。
第10回 多数決の概念2 匿名性,中立性,正の反応性の概念を理解すること。
第11回 定義域の限定1 多数決に関する定義域の限定の概念を理解すること。
第12回 定義域の限定2 価値制限,極値制限,限定的合意の概念を理解すること。
第13回 価値制限と限定的合意 価値制限と限定的合意に関する定理を理解すること。
第14回 極値制限 極値制限に関する定理を理解すること。
第15回 合理的選択の必要十分条件 多数決の利用における合理的選択の必要十分条件を理解すること。

教科書

開講時に一冊を指定します。

参考書、講義資料等

アマルティア・セン著 『集合的選択と社会的厚生』 (勁草書房)

成績評価の基準及び方法

学期中に3度小テストを行う。またレポート提出も2度行う。各小テストは評価全体の20%(合計60%),各レポート提出も20%(合計40%)を構成する。(ただし全出席を前提としている。)

関連する科目

  • LAH.T107 : 社会モデリングA
  • LAH.T308 : 社会モデリングC
  • LAH.T108 : 意思決定論A
  • LAH.T208 : 意思決定論B
  • LAH.T307 : 意思決定論C

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

必要条件ではないものの,事前に社会モデリングAを履修しておくことが望ましい。

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

岩井 淳(いわい あつし),iwai[at]si.gunma-u.ac.jp

オフィスアワー

メールで事前予約すること。窓口を担当下さる教員の居室は西9号館8階813号室。

その他

当講義は理学の内容を含む。

このページのトップへ