2021年度 社会科学のモデル・実験入門   Introduction to Models and Experiments in Social Science

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
技術経営専門職学位課程
担当教員名
中丸 麻由子 
授業形態
講義 / 演習    (ZOOM)
曜日・時限(講義室)
土1-2  
クラス
-
科目コード
TIM.A414
単位数
1
開講年度
2021年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2021年4月5日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

社会科学を研究する上で様々な研究手法がある。その中でも数理モデルと実験に主眼を置いて講義を行う。

到達目標

この講義を通して入門レベルのゲーム理論、進化ゲーム理論、被験者実験や質問紙実験を知り、修士論文における研究につなげる。また、様々な分野の研究を自分の修士論文へ適応できることを学ぶ。

キーワード

Game theory, Evolutionary game theory, game experiments, questionnaire experiments

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

まずはゲーム理論、進化ゲーム理論、ゲーム理論実験、質問紙実験の事例を紹介する。その上で、実際に体験もする機会も設ける。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ゲーム理論入門とその応用 I ゲーム理論と応用を学ぶ
第2回 ゲーム理論入門とその応用 II (マッチング理論) マッチング理論を学ぶ
第3回 ゲーム理論入門とその応用 III(社会選択理論) 社会選択理論を学ぶ
第4回 進化ゲーム理論入門と協力の進化 I 進化ゲーム理論を学び、その研究テーマである協力の進化について学ぶ
第5回 進化ゲーム理論入門と協力の進化 I 進化ゲーム理論を学び、その研究テーマである協力の進化について学ぶ
第6回 文化進化と技術革新 文化進化の研究が、イノベーション研究に応用できることを学ぶ
第7回 グループ討論 グループでこの講義で学んだことの実用可能性などを議論する

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する 予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

指定しない

参考書、講義資料等

指定しない

成績評価の基準及び方法

レポート
グループ討議
出席を考慮

関連する科目

  • TIM.A510 : 社会シミュレーション I
  • TIM.A511 : 社会シミュレーション II

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件を設けない

オフィスアワー

メールで問い合わせること

その他

2020年度までの数理情報分析基礎IIを踏襲しているため、2020年度までの数理情報分析基礎IIの受講者は受講できない。

このページのトップへ