2020年度 証券投資論Ⅱ   Investments in securities II

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
技術経営専門職学位課程
担当教員名
土井 一人  中丸 麻由子 
授業形態
講義
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
金11-12(Zoom)  
クラス
-
科目コード
TIM.A537
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2020年10月26日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

本講義は、欧米のビジネススクールにおけるファイナンスの二本柱である証券投資論と経営財務論(Corporate Finance)のうち、前者の内容をカバーしています。特に、証券投資論 IIは具体的な資産クラスを通じての投資・ポートフォリオ運用の実践に焦点を当てています。
本講義のねらいは、証券投資論 Iで学ぶ現代投資理論の標準的な理論に加えて、各資産レベルやポートフォリオレベルにおける投資の実践における重要な論点を学ぶことで、現実の金融市場の動きや出来事の本質を自分で考える力を養うことにあります。

到達目標

本講義を履修することによって以下の能力を修得します。
1) 各資産クラスの特性や投資の考え方を説明できる。
2) 資産クラスではなく、リスクプレミアムに注目した投資の考え方を説明できる。
3) ポートフォリオの考え方を説明できる。
4) 国際金融市場の動向や出来事について、その本質を自分で考えることができる

実務経験のある教員等による授業科目等

該当する 実務経験と講義内容との関連(又は実践的教育内容)
本講義は、資産運用の実務経験を持つ担当教員がその実務経験を活かし,各資産レベルでの投資やポートフォリオ運用について、実践的な観点から教育を行います。

キーワード

時間的価値、DDM、イールドカーブ、ポートフォリオ、予測、ビルディングブロック、リスクプレミアム、デリバティブズ

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

講義形式を基本とするが、毎回、経済ニュースやクイズなどをクラスで考えながら進めます。授業への積極的な参加を期待します。授業中の質問も歓迎します。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 時間的価値とDCF法 時間的価値に基づく評価法の理解
第2回 株式(不確定キャッシュフロー)の評価 DDMによる株評価の理解
第3回 債券(社債を含む、確定キャッシュフロー)の評価1 債券の基礎の理解
第4回 債券(社債を含む、確定キャッシュフロー)の評価2 債券評価の理解
第5回 派生商品(先物・オプション) デリバティブの考え方の理解
第6回 グローバル投資 為替の影響を理解
第7回 ポートフォリオ・マネジメント ポートフォリオ運用の理解

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する 予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

指定しない

参考書、講義資料等

ツヴィ・ボディ「インベストメント8版」日本経済新聞社
小林孝雄、芹田敏夫 「新・証券投資論 I」日本経済新聞社
伊藤敬介、荻島誠治、諏訪部貴嗣 「新・証券投資論 II」日本経済新聞社

成績評価の基準及び方法

小テストとレポート100%、
ただし積極的な授業参加はプラスアルファ

関連する科目

  • TIM.A536 : 証券投資論I
  • TIM.A534 : コーポレートファイナンス I
  • TIM.A535 : コーポレートファイナンス II

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

証券投資論 I の履修が望ましい

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

83nsoundbeach[at]gmail.com

このページのトップへ