2020年度 標準化戦略Ⅱ   Standardization Strategy Ⅱ

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
技術経営専門職学位課程
担当教員名
田辺 孝二  和泉 章 
授業形態
講義
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
火11-12(Zoom)  
クラス
-
科目コード
TIM.B534
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2020年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

標準化戦略は、イノベーションに必要とされるグローバルに新たなルールやシステムを創るための戦略である。
本講義は「グローバルビジネスと標準化」の理解を深めることをねらいとする。グローバルなビジネス活動における標準化・認証(適合性評価)の重要性とともに 、国際社会のルールづくりとしての標準化、インフラ整備と標準化、社会革新のツールとしての標準化 、国際標準化の交渉術などについて講義する。

到達目標

グローバルなビジネス活動に必要な標準化・認証(適合性評価)の基礎概念を習得するとともに 、国際社会のルールづくりとしての標準化、インフラ整備と標準化、社会革新のツールとしての標準化 、国際標準化の交渉術などについて理解する。

実務経験のある教員等による授業科目等

該当する 実務経験と講義内容との関連(又は実践的教育内容)
すべての講義は実務経験豊富な非常勤教員およびゲスト講師によって実施される。

キーワード

国際標準化、認証、グローバルビジネス、ルールづくり、社会革新、交渉術

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

講義資料を3日前までに配布し、授業で解説し、質疑応答とディスカッションを行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 認証(適合性評価)の意義 認証(適合性評価)について理解する 認証(適合性評価)の意義を説明できる
第2回 リスクマネジメントと認証制度 リスクマネジメントのツールとしての認証制度を理解する
第3回 グローバル経済と認証システム 国際ルールづくりとしての認証システムを理解する
第4回 鉄道分野の国際標準化 国際展開する鉄道事業における標準化の意義を理解する
第5回 鉄道事業と認証制度 インフラ事業における認証制度の重要性を理解する
第6回 IoTの国際標準化 IoTに関する国際標準化の動向を理解する
第7回 標準化の会議術・交渉術・闘争術、社会革新ツールとしての標準化 国際交渉における交渉スキルを習得する 社会革新ツールとしての標準化を理解する

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

なし

参考書、講義資料等

事前にOCWiに講義資料をアップし、授業では配布しません。

成績評価の基準及び方法

授業での活動(発言など)70%、レポート 30%

関連する科目

  • TIM.B533 : 標準化戦略Ⅰ
  • TIM.B518 : 知的財産・標準化マネジメント II

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

事前に身につけているべき知識や技術はない。標準化戦略 Iを受講していることが望ましい。

その他

イノベーションにはグローバルに新たなビジネスルールやシステムを構築する標準化が必要です。
実践的な講義内容で、事業戦略に役立つことをねらいとする講義です!

このページのトップへ