2020年度 経営戦略論 I   Strategic Management I

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
技術経営専門職学位課程
担当教員名
辻本 将晴 
授業形態
講義
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
土5-6(Zoom)  
クラス
-
科目コード
TIM.B414
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2020年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

経営戦略論は戦略論の基礎と実践を学ぶための講義です。
講義の狙いは次の3点です。第一に、経営戦略論の基礎を学ぶこと。第二に、経営戦略の調査研究をどのように行うかを学ぶこと。第三に、独自に行った調査研究のプレゼンテーションを行う経験をすることです。経営戦略論Ⅰでは基礎的な4つのアプローチを学びます.

到達目標

経営戦略論の到達目標は戦略論の基礎を学び、それに基づいて独自の調査研究を行い、発表することができるようになることです。

キーワード

経営戦略論、戦略的マネジメント、プラットフォーム戦略

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

履修者は事前にリーディングアサインメントを読み、準備してきてください。毎回、履修者の中から担当者を決めて、リーディングアサインメントの要約と、独自の調査研究に関するプレゼンテーションを行います。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ガイダンス なし
第2回 研究紹介 なし
第3回 ドメインの階層性 リーディングアサインメント
第4回 資源依存戦略 リーディングアサインメント
第5回 資源依存戦略 リーディングアサインメント
第6回 ビジネスモデル リーディングアサインメント
第7回 技術マネジメント リーディングアサインメント

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

講義内でリーディングアサインメントを紹介します

参考書、講義資料等

講義内でリーディングアサインメントを紹介します

成績評価の基準及び方法

出席50%、発言20%、プレゼンテーション30%、60%以上で合格

関連する科目

  • 経営組織論
  • ビジネス・エコシステム論

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ