2019年度 情報・サービスと経済・社会システム I   Information and Service Science for Social System I

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
技術経営専門職学位課程
担当教員名
比嘉 邦彦  日高 一義 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
土5-6(田町CIC812)  
クラス
-
科目コード
TIM.C516
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2019年9月26日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

インターネットの世界的普及は,生産者と消費者の直結を可能とし,市場へのアクセス制限・制約の多くを取り除いた。その結果,e-コマースを含めたいくつもの新たなE-ビジネスが生まれて来ている。
ここでは,事例を通して,E-ビジネスモデルについて,それらの優位性や問題点などについて従来のビジネスモデルと比較分析しながら学習する。

到達目標

本講義を履修することで以下の能力を修得する
1.E-ビジネスモデルと従来型のビジネスモデルの違いについて理解する
2.グループ演習を通してE-ビジネスモデルの既存ビジネスへの応用力を付ける

キーワード

e-マーケット,e-コマース,e-ビジネス

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
-

授業の進め方

授業は講義と討議を組合せインタラクティブに行う。さらに,グループ演習課題と発表を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 コース・イントロダクション(ネット社会の基礎) 講義目的,講義計画,グループ演習,成績評価,およびネット社会の基礎について理解する
第2回 E-ビジネスと従来型ビジネスの比較分析 E-ビジネスと従来型ビジネスの違いについて理解する
第3回 E-コマースの基礎と分析手法 E-コマースの基礎を理解し,分析手法が使えること
第4回 事例を使ったE-コマース分析 事例を使ってE-コマース分析の分析方法について学ぶ
第5回 E-コマースにおけるアクターの理解と分析方法 E-コマースにおけるアクターついて理解する
第6回 E-ビジネスとE-市場 E-ビジネスとE-市場について理解する
第7回 グループプレゼンテーションとディスカッション 1 既存企業によるe-ビジネス戦略について調査研究し、結果を分かり易く報告できること
第8回 グループプレゼンテーションとディスカッション 2 既存企業によるe-ビジネス戦略について調査研究し、結果を分かり易く報告できること

教科書

教科書の指定は無し

参考書、講義資料等

全ての講義資料等はOCWiを通して提供する

成績評価の基準及び方法

出席点20%,グループ発表30%,レポート30%,討議参加点20%

関連する科目

  • TIM.C517 : 情報・サービスと経済・社会システム II
  • TIM.B521 : 組織戦略とICT I
  • TIM.B522 : 組織戦略とICT II

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特に無し

このページのトップへ