2019年度 サービスイノベーション論 I   Service Innovation I

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
技術経営専門職学位課程
担当教員名
日高 一義 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
土7-8(CIC812)  
クラス
-
科目コード
TIM.B513
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

エネルギー、環境、交通、医療、福祉などのSocial Service Systemにおける問題解決とイノベーション、ネットワーク社会における新規サービス・ビジネスの創出、企業におけるサービスの研究開発戦略と実践、製造業におけるサービス化戦略と実践、サービス産業の生産性・質の向上などサービスイノベーションは今後の日本の経済・社会大きな影響を与えると思われる。
サービスイノベーション論では、多岐にわたるサービスのイノベーションに科学的に対応し実践していくための基礎となる知識の習得を目指す。ここで言うサービスイノベーションとは、サービス業におけるイノベーションのみをさすのではなく、製造業や社会システムのサービス機能における新たな創造の探求を含む。
(なお、サービスイノベーションIとIIは一連の科目であり、二つを連続してとることが望ましい。)
 

到達目標

以下の項目に関する研究の論文を自ら精読し、理解を深めるための課題に回答することを通じて、この新しい分野の知識を習得する。
・サービスイノベーションパターン
・サービスマーケティング
・製造業のサービス化

キーワード

サービスイノベーション, サービスマーケティング、製造業のサービス化、サービスドミナントロジック

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

講義、グループワーク、最終レポートにより進める。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 コースガイド(目的・進め方), Service, Innovation, and Service Innovation (PPT-S01, DTI, 近藤, Abanathy&Clark1985) Exercise of the part
第2回 Service, Innovation, and Service Innovation (PPT-S01, DTI, 近藤, Abanathy&Clark1985) Exercise of the part
第3回 Patterns of Service Innovation 1 (Miles2008, Soete&Miozzo2001, Hertog200) Exercise of the part
第4回 Patterns of Service Innovation 1 (Miles2008, Soete&Miozzo2001, Hertog200) Exercise of the part
第5回 Patterns of Service Innovation 2 (Barras1986, Utterback&Abanathy1975, Hayes&Wheelwright1979, DTI P77) Exercise of the part
第6回 Patterns of Service Innovation 2 (Barras1986, Utterback&Abanathy1975, Hayes&Wheelwright1979, DTI P77) Exercise of the part
第7回 Patterns of Service Innovation 3: Networked Information Economy (Yochai Benkler, “The Wealth of Networks”) Exercise of the part
第8回 Patterns of Service Innovation 3: Networked Information Economy (Yochai Benkler, “The Wealth of Networks”) Exercise of the part

教科書

なし

参考書、講義資料等

Ian Miles, Patterns of Innovation in Service, IBM Systems Journal, Vol.47, No.1, 2008
John Besant and Andrew Davies, Managing Service Innovation, DTI Occasional Report No.9,
Abernathy, W. J. and Utterback, J. M. “Patterns of Industrial Innovation”, Technology Review, 80(7), 40-47, 1978
Barras R. “Towards a Theory of Innovation in Services”, Research Policy,15(4), 161-173, 1986 (Reverse Product Life Cyclye)
Yochai Benkler, “The Wealth of Networks”
Hayes, R.H., and Wheelwright, S.C. , Restoring our Competitive Edge: competing through manufacturing, John Wiley & Sons, New York., Hayes & Wheelwright, 1984 (Product Process Matrix)
Pavitt, K. (1984) “Patterns of technical change: towards a taxonomy and a theory”, Research Policy, 13, 343-373.
Miozzo, M. and Soete, L. “Internationalisation of services: a technological perspective”, Technological Forecasting and Social Change, 67, 159-185.
Hetrog P.D., KNOWLEDGE-INTENSIVE BUSINESS SERVICES AS CO-PRODUCERS OF INNOVATION, International Journal of Innovation Management, Vol. 4, No. 4 (December 2000) pp. 491–528
Bruce Tether and Jeremy Howells, Changing Understanding of Innovation in Services, DTI Occasional Report No.9

成績評価の基準及び方法

出席、講義への貢献、最終レポートにより総合的に判断する

関連する科目

  • TIM.C517 : 情報・サービスと経済・社会システム II
  • TIM.C516 : 情報・サービスと経済・社会システム I
  • TIM.B514 : サービスイノベーション論 II
  • TIM.B515 : プロダクト・サービスデザイン I
  • TIM.B516 : プロダクト・サービスデザイン II

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

積極的に講義に臨むこと

このページのトップへ