2019年度 イノベーションシステム II   Innovation System II

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
技術経営専門職学位課程
担当教員名
宮崎 久美子 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
金9-10(W935)  
クラス
-
科目コード
TIM.C413
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2019年9月19日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

21世紀には、知識主導型経済への移行に伴い、競争力の根源は生産性の向上ではなく、創造性、差別化とイノベーションにシフトしている。 全てのセクターにおいてミクロからマクロレベルでイノベーションを興すことが必要である。企業におけるイノベーション創生にはその基盤となる国全体としてのシステム、およびセクターのイノベーションシステムが大きく影響する。 
セクターイノベーションシステム及び、ナショナルイノベーションシステムに関した諸概念に関する知識を習得することが目的である。企業、セクター、国家のレベルにおける技術戦略に関する課題やイノベーションを興す上での政府の役割について論じる。また、現状の世界をめぐる環境を踏まえ、情報通信分野、ロボット、移動体通信、ナノテクノロジーやハイテク、サービス分野等におけるイノベーションシステムについて解説する。米国やEU、英国のイノベーション政策、また東南アジアのキャッチアップ戦略について解説する。

到達目標

イノベーションの重要な基盤となるナショナルイノベーションシステムとセクターイノベーションシステムの全般的、基本的知識を習得し、国家レベルとセクターレベルのイノベーションシステムを分析するための手法を習得する。具体的にはイノベーションモデル、イノベーションの概念、オープンイノベーション、技術の普及課程、イノベーションネットワーク、産学連携、分野別イノベーションモデル、シリコンバレーモデル、EUモデル、英国のイノベーション政策、東南アジアのキャッチアップ戦略等について学習する。

キーワード

セクターイノベーションシステム、戦略、イノベーションネットワーク、ナショナルイノベーションシステム、技術システム, オープンイノベーション、アジアにおけるキャッチアップ戦略、イノベーション政策、プラットフォーム戦略、米国、EUモデル

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力

授業の進め方

Q4から成る。学生はアクティブラーニングにより学習する。チームプレゼンテーション、小論文、 ディスカッションやグループ作業を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 セクターイノベーションシステム セクターイノベーションシステムの概念について学習する
第2回 国家的イノベーションシステムと国の競争力 英国のイノベーション政策について学習する. 国家的イノベーションシステムと国の競争力について学習する
第3回 英国におけるイノベーション政策(M. Norton) 英国におけるイノベーション政策について学習する
第4回 IoT 時代におけるプラットフォーム戦略(深見、立教大学) IoT 時代に関連したプラットフォーム戦略
第5回 イノベーションクラスター(ノートン) イノベーションクラスター政策について事例を元に学ぶ
第6回 セクターイノベーションシステムの事例~タイにおける自動車産業と観光業のケース (P. Intarakumnerd, GRIPS) 製造業とサービス産業にイノベーションシステムの概念を活用し、タイにおける自動車産業と観光業について学習する
第7回 ナショナルイノベーションシステム、米国シリコンバレーモデル、EUモデル ナショナルイノベーションシステムの概念とシリコンバレー型USモデル、EUモデルについて学習する)
第8回 チームプレゼンテーション グループプレゼンテーション

教科書

無し

参考書、講義資料等

講義資料や文献は配布する

成績評価の基準及び方法

チームプレゼンテーション(40%) 小論文(40%) クラスでの発言(20%)によって評価される

関連する科目

  • TIM.C412 : イノベーションシステム I

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

経済や経営の知識は必要ない。 前以てTIM.C412を受講することをすすめる

その他

英語のコースである。積極的に発言することが望ましい

このページのトップへ