2020年度 知的財産マネジメント II   Management of Intellectual Property II

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
技術経営専門職学位課程
担当教員名
橋本 正洋  渡部 俊也  鮫島 正洋  平野 哲行  長澤 健一  小林 徹  上野 剛史  久保 雅一  江藤 学  武重 竜男  戸田 裕二  小林 誠 
授業形態
講義
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
土7-8(Zoom)  
クラス
-
科目コード
TIM.B518
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2020年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

企業の新規事業の成功・競争力強化につながる研究開発・事業化における知的財産のマネジメントのあり方について講義する。特に、近年重要性が増しているデータ知財戦略や企業における標準化や営業秘密を含めた知的財産戦略について講義する。

到達目標

データ知財の基本概念、特許制度と不正競争防止法にかかる営業秘密、限定提供データ戦略の概略を理解するとともに、DXによるノベーションプロセスのなかで、産業別に統合的に知的財産戦略をどのように進めていくかについて修得する。

実務経験のある教員等による授業科目等

該当する 実務経験と講義内容との関連(又は実践的教育内容)
すべての講師が現場に通ずる実務経験を持つが、特に、データ知財戦略に関し、日本の第一人者である渡部俊也東大教授を講師として招聘している。

キーワード

データ知財、ビジネス戦略、知的財産権、国際交渉

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

知的財産戦略の多方面の経験豊富なゲスト講師による講義を基に、知的財産マネジメントについて理解し議論する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 知的財産マネジメントとデータ知財1 データ知財の扱いの基礎を理解する。
第2回 知的財産マネジメントとデータ知財2 データ知財の扱いの実際を理解する。
第3回 国際ビジネスとデータ知財 データIPに関する国際事業活動について理解する。
第4回 企業における知的財産と営業秘密1 企業における知的財産と営業秘密管理の関係を理解する。
第5回 企業における知的財産と営業秘密2 企業における知的財産と営業秘密管理の関係を理解する。
第6回 企業における知的財産戦略総括1 産業別に企業における知的財産の実践的なマネジメントを理解する。
第7回 企業における知的財産戦略総括2 産業別に企業における知的財産の実践的なマネジメントを理解する。

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

特になし

参考書、講義資料等

授業において講義資料を配布する

成績評価の基準及び方法

授業への参加・貢献(約50%)、最終課題(約50%)

関連する科目

  • TIM.B517 : 知的財産マネジメント I

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

TIM.B517 : 知的財産マネジメント Iを受講していることが望ましい。 

このページのトップへ