2017年度 アントレプレナーシップと事業創成 I   Entrepreneurship and Business Development I

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
技術経営専門職学位課程
担当教員名
仙石 愼太郎  末松 千尋 
授業形態
講義 / 演習
曜日・時限(講義室)
土5-6(田町CIC913)  
クラス
-
科目コード
TIM.D516
単位数
1
開講年度
2017年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2017年10月4日
講義資料更新日
2017年11月16日
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

事業開発(business development)は事業機会を実現するための行程であり、アントレプレナーシップ(entrepreneurship)は事業機会を実現するための人間活動と捉えることができる。これらは相補的であり、プロフェッショナルにとって必須の素養である。すなわり、ベンチャー起業のみならず、新規性を有するあらゆる事業活動、科学研究・技術開発に適用されるべきものである。
本講義では、上述の前提のもと、事業開発とアントレプレナーシップに関する座学と演習を通じて、技術経営・イノベーション経営の知識を自ら率先して実践するための基礎知識と基礎能力を育成する。

到達目標

本講義を履修することによって次の能力を修得する。
1) アントレプレナーシップ、事業開発、及び関連する諸概念を理解している
2) イノベーション経営の基礎知識を把握している
3) 問題解決の基本的な手法論(イシューアナリシス法)を理解し運用できる
4) 戦略立案のための考え方、フレームワーク、ツール等を理解し運用できる
5) 標準的なフォーマットの事業計画(ビジネスプラン)を独自で作成できる
6) 実行に移すための行動計画を立案できる

キーワード

事業開発、アントレプレナーシップ、イノベーション経営、ベンチャー企業、組織デザイン、事業価値評価、産学連携

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

序盤では、アントレプレナーシップとその発揮点としての事業開発の概論を提示し、その意義と効用について理解を深める。中盤では、事業開発の立案に必要となる概念や思考の枠組み(フレームワーク)、ツールとその扱い方を学習する。終盤では、それまでの学習内容をもとに、事業計画をグループ演習形式で立案・発表する。
各回の講義は座学と演習パートに大別され、後者は事前課題を課すことがある。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 イントロダクション・概論 基本的な構成概念
第2回 アントレプレナーシップとイノベーション 世界及び日本のアントレプレナーシップの現状、理論探求や実践応用の先行事例
第3回 問題解決手法 イシューアナリシス法の理解とその運用方法
第4回 戦略とその策定ツール 戦略の原義、戦略立案に有用なツール・フレームワークとその運用方法
第5回 戦略オプションの立案と評価 戦略立案ツール、フレームワークの確認
第6回 事業価値の評価 スコアリング法やDCF法などの価値評価指標とその活用方法
第7回 事例研究 事例の事前講読
第8回 まとめと議論 特になし

教科書

各講義中或いは事前に配布

参考書、講義資料等

忽那憲治他(共著), 「アントレプレナーシップ入門」, 有斐閣, 東京, 2013. ISBN 978-4-641-15002-7
新藤晴臣(著), 「アントレプレナーの戦略論」, 中央経済社, 東京, 2015. ISBN 978-4-502-14331-1
齋藤嘉則(著), 「問題解決プロフェッショナル」, ダイヤモンド社, 東京, 2010. ISBN: 978-4-478-00553-8
齋藤嘉則(著), 「戦略シナリオ」, 東洋経済新報社, 1998. ISBN: 978-4-492-53049-8

成績評価の基準及び方法

講義への出席、講義への参加度及び演習課題の成績をもとに評価する。詳細は第01回の講義で解説する。

関連する科目

  • TIM.D517 : アントレプレナーシップと事業創成 II

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

この科目は,「アントレプレナーシップと事業創成 II」の「履修前提科目」である。

その他

授業計画はモデルケースである。実際の開講内容は、各年度の講義スケジュールを確認すること。

このページのトップへ