H31年度 社会・人間科学プロジェクトS1   Translational Project in Social and Human Sciences S1

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
社会・人間科学コース
担当教員名
河村 彩  山元 啓史  猪原 健弘  佐久間 邦弘  須田 和裕 
授業形態
曜日・時限(講義室)
月7-8(W9-607, W9-706, W9-707, W9-714, W9-910)  
クラス
-
科目コード
SHS.L451
単位数
1
開講年度
H31年度
開講クォーター
1-2Q
シラバス更新日
H31年3月25日
講義資料更新日
H31年6月17日
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

個別プレゼンテーション、グループ・プレゼンテーション、個別ポスター発表、グループ・ポスター発表、ディベート、グループワーク、論文・レポート作成(個別)、論文・レポート作成(グループ)などを取り入れ多様な方法を実践するプロジェクト型の科目。

分析統合能力、価値形成力、問題解決力、対話発信能力、異なる専門領域でのブリッジ能力の習得と人間性の涵養を目的とする。

到達目標

本講義を履修することによって次の能力を修得する。
1) 対話発信能力
2) 複数の専門にまたがる学際的知性
3) 問題解決力

キーワード

プレゼンテーション、ディベート、グループワーク

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

個別プレゼンテーション、グループ・プレゼンテーション、個別ポスター発表、グループ・ポスター発表、ディベート、グループワーク、論文・レポート作成(個別)、論文・レポート作成(グループ)等を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 個別プレゼンテーション、グループ・プレゼンテーション、個別ポスター発表、グループ・ポスター発表、ディベート、グループワーク、論文・レポート作成(個別)、論文・レポート作成(グループ) 各メソッドの実践

教科書

なし

参考書、講義資料等

猪原健弘,”よりよい主張への近道 PCMという方法”, 東京図書出版, 2009.

成績評価の基準及び方法

日常点とレポート

関連する科目

  • SHS.L552 : 社会・人間科学プロジェクトF2
  • SHS.L452 : 社会・人間科学プロジェクトF1
  • SHS.L551 : 社会・人間科学プロジェクトS2

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

社会・人間科学コースの所属学生で、各回に出席し課題を行うこと

その他

当講義は理学の内容を含む。

このページのトップへ