2019年度 認知・数理・情報分野特論F1B   Graduate Lecture in Cognition, Mathematics and Information F1B

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
社会・人間科学コース
担当教員名
佐藤 礼子 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
水3-4(W9-911)  
クラス
-
科目コード
SHS.M444
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2019年3月25日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

本講義は第二言語習得および言語学習について基礎的な知識を得ることを目的とする。主に日本語教育を題材として、第二言語習得の概念定義、言語適性、学習者の個別要因、学習における動機づけ理論、第二言語の習得方法、学習成果の評価について学ぶ。授業では、第二言語習得に関わる概念を、講義、文献講読、ディスカッション、グループワーク、演習を通じて理解する。また、自らの外国語学習について振り返り、効果的な語学学習について考える機会を設ける。

到達目標

本講義を履修することによって次の能力を修得する。
1)第二言語の習得の基礎的概念について理解し、その方法について述べることができる。
2)第二言語の学習や評価を実践する方法を考えることができる。

キーワード

日本語教育、第二言語習得、学習方法、言語適性、記憶、動機づけ、言語学習、評価

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

授業の最初にその日のトピックに関する問いを与え、個人もしくはグループで内容を検討する。引き続き、講義やディスカッション、演習を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 言語処理のメカニズム 年齢要因、社会的要因、学習スタイルなどと第二言語習得との関係を自らの学習経験と照らし合わせて分析する。
第2回 第二言語習得のメカニズム:知覚と記憶 言語処理理論についての文献を読み発表する。
第3回 第二言語学習のプロセス 第二言語学習についての文献を読み発表する。
第4回 第二言語の習得方法1 効果的と考える第二言語学習方法を調べ、その理論的背景、方法、効果について発表する。
第5回 第二言語の習得方法2 実際に一つの外国語についての学習計画を立てて学習し、学習過程を記録する。
第6回 学習成果の評価 学習成果の評価方法を開発する。
第7回 第二言語学習と動機づけ 実際に一つの外国語についての学習計画を立てて学習し、学習結果を評価する。
第8回 発表と討議 効果的と思われる言語学習方法を提案し、その理論的背景、方法、学習結果、評価について報告する。

教科書

講義資料は授業中に配布する。

参考書、講義資料等

講義資料は授業中に配布する。

成績評価の基準及び方法

成績評価は、授業中の演習課題と最終発表により行う。

関連する科目

  • SHS.M442 : 認知・数理・情報分野特論S1B
  • SHS.M443 : 認知・数理・情報分野特論F1A
  • SHS.M461 : 認知・数理・情報分野方法論S1
  • SHS.L411 : 社会・人間科学多分野分析統合演習S1A
  • SHS.L412 : 社会・人間科学多分野分析統合演習S1B

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

なし。

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

佐藤礼子(さとう れいこ)、sato.r.ae[at]m.titech.ac.jp

オフィスアワー

メールで事前予約すること。担当教員の居室は西1号館202号室。

このページのトップへ