2016年度 文化・芸術分野特論S1B   Graduate Lecture in Culture and Arts S1B

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
社会・人間科学コース
担当教員名
上西 哲雄 
授業形態
講義     
曜日・時限(講義室)
水3-4(W331)  
クラス
-
科目コード
SHS.U442
単位数
1
開講年度
2016年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2016年12月14日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

本講義では、アメリカ文学研究では常に先端的な研究の議論の対象とされる、アメリカ文学を代表する作家William Faulknerの文学について、最近この分野で注目されている「都市」をテーマとする研究論文を読む。過去の代表的な研究書の関連する章および最近このテーマで特集したアメリカの学会誌に掲載された論文などを批判的に精読し、要点を整理し、問題点を拾い出し、検討する。その際に、これらの議論がFaulkner の作品の中でも都市表象が注目されるSanctuary (1931) における都市表象を対象とするとその議論がどのように機能するのかを検証する。

文学研究において都市論そのものは決して新しいテーマではないが、南部の農村地帯を舞台とすることの多いFaulkner文学を都市という観点からアプローチすることがごく最近になるまでまれなことであり、フォークナー研究では最新かつ最先端の議論である。アメリカ文学研究の最新かつ最先端の議論に自らヴァーチャルに入り込み、先進的な研究者の使う用語、アイデア、分析の方法を体験することになる。最終的には授業で読む議論に論争を挑む独自の議論を構築する。

到達目標

本講義は、次のような知識や能力を身につけることを目指す。
・高度な議論の内容を簡潔に整理し、問題点を探し出す。
・先端的なアメリカ文学研究における用語、アイデア、分析の方法を身につける
・アメリカ文学におけるモダニズムおよびFaulkner文学特にSanctuary について独自の見方を作り上げる
・先端的な研究に挑戦する独自の議論を構築する

キーワード

アメリカ合衆国 アメリカ文学 ウィリアム・フォークナー、都市

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

(1)授業の冒頭で、前回の授業の最後に学生が提出した質問や意見に対する応答の時間を設けて、前回の授業の復習とその日の授業の導入とする。(2)予め課題として与えておいたその日に読むテキストの問題点について学生が意見を述べ、それを巡って議論する。(3)最終的には読んだ論文に論争を挑むような議論を作成し提出する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 授業の方針の説明/William Faulkner文学についての解説/文学における都市論の意義についての解説 Cleanth Brooks著 On the Prejudices, Predilections, and Firm Beliefs of William Faulkner のうち “Faulkner’s Two Cities”の章を精読する。
第2回 On the Prejudices, Predilections, and Firm Beliefs of William Faulknerの“Faulkner’s Two Cities”の議論を整理する。 On the Prejudices, Predilections, and Firm Beliefs of William Faulknerの“Faulkner’s Two Cities”の議論を整理する。
第3回 Sanctuaryを巡るBrooksの分析について議論し、評価する。 Faulkner Journal Spring 2012, Vol. 26 Issue 1のPeter Lurie による “Introduction” を精読する。
第4回 Faulkner Journal Spring 2012, Vol. 26 Issue 1のPeter Lurieによる “Introduction” の議論を整理する。 Faulkner Journal Spring 2012, Vol. 26 Issue 1の “The City Specter” by Anne Hirsch Moffittを精読する。
第5回 Faulkner Journal Spring 2012, Vol. 26 Issue 1の “The City Specter” における Anne Hirsch Moffittの議論を整理する。 Faulkner Journal Spring 2012, Vol. 26 Issue 1の “The City Specter” における Anne Hirsch Moffittの分析について、特にSanctuaryの場合にどのように機能するかを意識しながら、その問題点とその理由をレポートする
第6回 Faulkner Journal Spring 2012, Vol. 26 Issue 1の “The City Specter” における Anne Hirsch Moffittの分析について議論し評価する。 Discuss and criticize “The City Specter” by Anne Hirsch Moffitt in Faulkner Journal Spring 2012, Vol. 26 Issue 1
第7回 Faulkner Journal Spring 2012, Vol. 26 Issue 1の “Same As A Nigger On An Excursion”における Cheryl Lesterの議論を整理する。 Faulkner Journal Spring 2012, Vol. 26 Issue 1の “Same As A Nigger On An Excursion”における Cheryl Lesterの分析について、特にSanctuaryの場合にどのように機能するかを意識しながら、その問題点とその理由をレポートする。
第8回 Faulkner Journal Spring 2012, Vol. 26 Issue 1の “Same As A Nigger On An Excursion” における Cheryl Lesterの分析について議論し評価する。 Sanctuaryにおける都市をテーマに議論を作る。

教科書

Brooks, Cleanth. On the Prejudices, Predilections, and Firm Beliefs of William Faulkner (Louisiana State U. P. 1987)
Faulkner Journal Spring 2012, Vol. 26 Issue 1 

参考書、講義資料等

授業における議論の流れに則して適宜紹介する。

成績評価の基準及び方法

課題:30%   授業への取り組み:30%  期末のレポート:40%

関連する科目

  • 文化・芸術分野特論S1A

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

アメリカ文学史の基礎的な知識があり、すでにウィリアム・フォークナー『サンクチュアリ』を読んでいること。(不明な点は担当教員に相談のこと)

このページのトップへ