2016年度 文化・芸術分野特論S1A   Graduate Lecture in Culture and Arts S1A

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
社会・人間科学コース
担当教員名
上西 哲雄 
授業形態
講義     
曜日・時限(講義室)
水3-4(W331)  
クラス
-
科目コード
SHS.U441
単位数
1
開講年度
2016年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2016年12月14日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

この授業科目では、アメリカ文学研究では常に先端的な研究の議論の対象とされる、アメリカ文学を代表する作家William Faulknerの文学の中で代表作のひとつである長編小説Sanctuary (1931) を読む。学生が文学テキストを読み自らテキストの問題点を拾い出し、それを手がかりに議論することで文学テキストの持つ重層的な文化の広がりを明らかにする。

同書はFaulknerがこの時期に先進的なモダニズム小説を次々と発表する中で、珍しく売ることを考えて書かれたとされる性と暴力に満ちた扇情的内容となっている。大衆的なテキストによって表現されたモダニズムとも言うべき作品であり、文学テキストの本来持つ娯楽性と高度な芸術性を併せ持った構造となっている。質の高い文学テキストを本格的な研究の対象として読む姿勢を身につける。

到達目標

この授業科目は、次のような知識や能力を身につけることを目指す。
・William Faulkner文学とアメリカ文学におけるモダニズムについての基本的な知識を身につける。
・様々なテキストから問題点を探し出す。
・文学テキストを批判的に分析する。
・対象とするテキストおよび参考文献を使い、テーマを設定し分析的に議論する論文の作成

キーワード

アメリカ合衆国 アメリカ文学 ウィリアム・フォークナー、モダニズム

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

(1)授業の冒頭で、前回の授業の最後に学生が提出した質問や意見に対する応答の時間を設けて、前回の授業の復習とその日の授業の導入とする。(2)学生が用意してきた問題点を発表し合い、それを問題提起としてテキストについて議論する。(3)第7回、8回での準備を経て、最終的に独自の議論を作成する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 授業の方針の説明/William Faulkner文学についての解説/Sanctuaryについての解説 課題Sanctuaryの1~6章を読んで問題点を拾い出し、それぞれ問題が問題である理由についての説明を記述する。
第2回 用意してきたSanctuaryの1~6章の問題点を出し合い、それを手がかりにこの箇所のテキストを巡って議論する。 Sanctuaryの7~12章を読んで問題点を拾い出し、それぞれ問題が問題である理由についての説明を記述する。
第3回 用意してきたSanctuaryの7~12章の問題点を出し合い、それを手がかりにこの箇所のテキストを巡って議論する。 Sanctuaryの13~18章を読んで問題点を拾い出し、それぞれ問題が問題である理由についての説明を記述する。
第4回 用意してきたSanctuaryの13~18章の問題点を出し合い、それを手がかりにこの箇所のテキストを巡って議論する。 Sanctuaryの19~24章を読んで問題点を拾い出し、それぞれ問題が問題である理由についての説明を記述する。
第5回 用意してきたSanctuaryの19~24章の問題点を出し合い、それを手がかりにこの箇所のテキストを巡って議論する。 Sanctuaryの25~31章を読んで問題点を拾い出し、それぞれ問題が問題である理由についての説明を記述する。
第6回 用意してきたSanctuaryの25~31章の問題点を出し合い、それを手がかりにこの箇所のテキストを巡って議論する。 Sanctuary全体から改めて問題点を拾い出し、それぞれ問題が問題である理由についての説明を記述する。
第7回 持ち寄ったSanctuaryの問題点を出し合って、Sanctuaryを巡る議論の可能性について検討する。 Sanctuaryを巡る独自の議論を作る。
第8回 Sanctuaryを巡る議論を発表し、批評し合う。 発表した議論を改善したものを、論文のフォームにして提出する。

教科書

William Faulkner. Sanctuary (1931)
*特に版を指定しない。

参考書、講義資料等

授業における議論の流れに則して適宜紹介する。

成績評価の基準及び方法

課題:30%   授業への取り組み:30%  期末のレポート:40%

関連する科目

  • 文化・芸術分野特論S1B

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

アメリカ文学史の基礎的な知識があること (不明な場合は担当教員に相談のこと)

このページのトップへ