2020年度 持続可能な金融   Sustainable Finance

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
地球環境共創コース
担当教員名
KIM SCHUMACHER 
授業形態
講義    (Zoom)
曜日・時限(講義室)
月5-6(Zoom)  木5-6(Zoom)  
クラス
-
科目コード
GEG.S502
単位数
2
開講年度
2020年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2020年12月15日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

持続可能な金融をテーマに、この概念が注目されるようになってきた気候変動をめぐる議論、欧州諸国および日本における民間セクターや国際協力機関などの取り組み状況、ESG投資の仕組みなどについて最新の動向を講述する。

到達目標

金融部門におけるサスティナビリティの概念、ESGファクター、環境科学と金融の連関などについて理解する。

実務経験のある教員等による授業科目等

該当する 実務経験と講義内容との関連(又は実践的教育内容)
コースインストラクターはチャータードエンバイロメンタリスト(CEnv)であり、持続可能な財務に関するISO技術委員会(TC 322)および環境管理(TC 207)に所属しています。 彼はGRIグローバルサステナビリティスタンダードボード(GRI GSSB)のメンバーです。 さらに、彼は、Climate Disclosure Standards Board(CDSB)、Climate Bonds Initiative(CBI)、およびGreen Finance Network Japan(GFNJ)の技術作業部会に所属しています。

キーワード

持続可能な金融、ESG投資、気候変動、日本、EU

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

講義、議論、小レポートを課す

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 持続可能な金融の背後にある基本的な理論的根拠 長期主義と財務リスク管理の本質的な概念を理解する
第2回 国際的なサスティナビリティ概念 サスティナビリティの国際的文脈における定義を理解する
第3回 気候変動リスク 気候変動による影響を理解する
第4回 国際的な投資とバンキング グローバルな金融システムを理解する
第5回 ESG投資戦略とポートフォリオ管理 ESGに合わせたさまざまな投資アプローチの違いを特定し
第6回 持続可能な投資のフレームワークを理解する 持続可能な金融とESGとの関連性を理解する
第7回 気候変動ファイナンス 気候変動対策にかかわる経済的手法を理解する
第8回 気候変動リスクと座礁資産 気候変動に伴うリスクを理解する
第9回 ESGデータ1 ESG投資に関連するデータを理解する
第10回 ESGデータ2 ESG投資に関連するデータを理解する
第11回 グリーンボンド グリーン債について理解する
第12回 開発銀行とインフラ投資 開発銀行の役割を理解する
第13回 気候変動対策の法制度 気候変動対策の法制度を理解する
第14回 インパクト投資 インパクト投資について理解する
第15回 ダイベストメント 投資からの撤退の実態を理解する

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

ディアーク・シューメイカー と ウィアラム・シュローモーダ、2018、サステナブルファイナンス原論、 オックスフォード大学出版会

参考書、講義資料等

資料・課題図書などを授業ごとに配布する

成績評価の基準及び方法

課題図書の読み込みと議論への参加40%、個人レポート60%

関連する科目

  • TSE.C312 : 社会環境政策概論
  • GEG.S401 : 環境政策論
  • GEG.E401 : 地球環境システムと生態系のダイナミクス
  • GEG.I401 : 持続的開発と統合的マネジメント
  • GEG.E501 : 環境アセスメント

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

金融に関する基礎知識がなくても大学院生の知識水準があれば受講できる。ある程度の英語力を要する。

このページのトップへ