2019年度 持続可能な社会のためのプロジェクト評価   Project Evaluation for Sustainable Society

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
地球環境共創コース
担当教員名
花岡 伸也 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火1-2(S513)  
クラス
-
科目コード
GEG.P411
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2019年8月5日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

道路などのインフラストラクチャーは日常生活や経済活動に不可欠である。ただし、持続可能な社会のためには、環境負荷などの社会的費用を最小限にするインフラストラクチャーの整備方法が必要である。本講義では、ミクロ経済学をベースとしたプロジェクト評価に関する方法論を身につける。特に非市場財の評価方法を詳しく学ぶ。適宜、ケーススタディ事例を交え実践的な知識も身に付ける。

到達目標

本講義を受講することにより、プロジェクト評価手法の考え方を体系的に理解できるようになる。

キーワード

プロジェクト評価,費用便益分析,便益計測手法

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

講義および数回の演習を実施し、期末テストも実施する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 プロジェクト評価の概要 経済評価,財務評価
第2回 費用便益分析の基礎 費用関数,社会的便益
第3回 便益・費用の評価 競争市場,独占
第4回 現在価値法 社会的割引率
第5回 非市場財の評価: 非直接市場法(1) 外部性,時間価値法
第6回 非市場財の評価: 非直接市場法(2) ヘドニック価格法,トラベルコスト法
第7回 非市場財の評価: 表明選好 仮想評価法

教科書

Boardman, A. E., Greenberg, D. H., Vining, A. R. and Weimer, D. L. (2010) Cost Benefit Analysis: Concepts and Practice (4th Edition), Prentice Hall College.

参考書、講義資料等

Varian, H.R. (2010) Intermediate Microeconomics- A Modern Approach: 8th Edition, W.W.Norton and Company.

成績評価の基準及び方法

演習 (30),期末試験 (70)

関連する科目

  • CVE.D403

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ