H31年度 地域・地球環境概論第1   Basic theory of regional and global environment 1

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
融合理工学系
担当教員名
神田 学  木内 豪  村山 武彦  鼎 信次郎  高木 泰士  中村 恭志  吉村 千洋  藤井 学  中村 隆志  稲垣 厚至  瀬戸 里枝 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火5-6(S622)  金5-6(S622)  
クラス
-
科目コード
TSE.A335
単位数
2
開講年度
H31年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
H31年3月24日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

環境に関わる学問分野は非常に多岐にわたる。そのため、環境を解析したり、環境問題を解決するためには、分野融合的なアプローチが必要となる。本講義では、これまで学んだ数学、物理学、化学、生物学等の幅広い基礎知識をいかに応用して実際の環境の解析や環境問題の解決に役立てていくかという視点を中心に、環境分野を専門とする講師陣がオムニバス形式で最先端の研究成果も交えて解説する。

到達目標

この講義によって、これまでに学んだ基礎的な数学、物理学、化学、生物学等の知識がどのように環境の解析や環境問題の解決に役立っているかということが理解できるようになる。

キーワード

大気環境,水環境

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

オムニバス形式で各講師が1つのトピックについて3コマづつの講義を行う.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 大気環境1-1 大気環境について理解できるようになる
第2回 大気環境1-2 大気環境について理解できるようになる
第3回 大気環境1-3 大気環境について理解できるようになる
第4回 大気環境2-1 大気環境について理解できるようになる
第5回 大気環境2-2 大気環境について理解できるようになる
第6回 大気環境2-3 大気環境について理解できるようになる
第7回 地球規模水資源・水災害1 地球規模水資源・水災害について理解できるようになる
第8回 地球規模水資源・水災害2 地球規模水資源・水災害について理解できるようになる
第9回 地球規模水資源・水災害3 地球規模水資源・水災害について理解できるようになる
第10回 流域水・物質循環1 流域水・物質循環について理解できるようになる
第11回 流域水・物質循環2 流域水・物質循環について理解できるようになる
第12回 流域水・物質循環3 流域水・物質循環について理解できるようになる
第13回 流域シミュレーション1 流域シミュレーションについて理解できるようになる
第14回 流域シミュレーション2 流域シミュレーションについて理解できるようになる
第15回 流域シミュレーション3 流域シミュレーションについて理解できるようになる

教科書

なし

参考書、講義資料等

講義資料等は必要に応じて講義前にOCW-iを通して配布する.

成績評価の基準及び方法

各先生方による小テスト/レポートによって総合的に評価する.

関連する科目

  • TSE.A336 : 地域・地球環境概論第2

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

なし

このページのトップへ