2019年度 土木工学英語第二   Civil Engineering English II

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
土木・環境工学系
担当教員名
WIJEYEWICKREMA ANIL CHRISTOPHER  BUI QUOC TINH 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火5-6(緑が丘5号館M5会議室)  
クラス
-
科目コード
CVE.L211
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2019年4月12日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

CEE--IIはトンネル・交通システム分野でのコミュニケーション能力を高めることを目的とする。プレゼンテーションやライティングの課題を通してリスニング、スピーキング、ライティング力を増強する。

このコースのねらいはトンネル・交通システム分野の英語コミュニケーション能力を高めることにある。

到達目標

このコースの修了時に期待できること
1) トンネル・交通システム分野の語彙力増強
2) トンネル・交通システム分野でのプレゼンテーション能力向上
3) トンネル・交通システム分野問題に関し、臆さず英語でディスカッションできる

キーワード

ちょう架線, 薬液注入, 吹付けコンクリート, トンネル掘削機械, トンネル掘削, トンネル覆工, トンネルのずり処分, トンネル換気システム, 完全自動の車, 渋滞, 専用レーン, 排出, 全交通綱渋滞, スマートグリッド

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

授業では積極的に授業に参加し、質疑応答を行うこと。学生数に応じて3人から5人のグループに分かれ、トンネル・交通システム問題についてプレゼンテーションを行う。ライティングの宿題をこなすことで、授業内容の理解を深める。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 コースのテーマである「トンネル・交通システム」について説明。学生それぞれの自己紹介。 トンネル・交通システムというコースのテーマについて説明する。
第2回 The Chunnel - World's Longest Underwater Tunnel ビデオ鑑賞後、ディスカッション。 Keywords: ちょう架線, 薬液注入, 吹付けコンクリート, トンネル掘削機械, トンネル掘削, トンネル覆工, トンネルのずり処分, トンネル換気システム トンネルに関するキーワードの意味を説明。
第3回 グループ・プレゼンテーション#1A  Tunnel construction {in ancient times, through mountains, undersea, underground} トンネルに関する質疑応答
第4回 グループ・プレゼンテーション#1B  Tunnel construction {in ancient times, through mountains, undersea, underground} トンネルに関する質疑応答
第5回 Sustainable Transport Systems -ビデオ鑑賞後、ディスカッション。 Keywords: 完全自動の車, 渋滞, 専用レーン, 排出, 全交通綱渋滞, スマートグリッド 交通システムに関するキーワードの意味を説明。
第6回 グループ・プレゼンテーション#2A  Transport Systems {air transport, high-speed trains, railways, sea transport} and Engineering Solutions 交通システムに関する質疑応答
第7回 グループ・プレゼンテーション#2B  Transport Systems {air transport, high-speed trains, railways, sea transport} and Engineering Solutions 交通システム問題に関する質疑応答
第8回 コースのテーマ「トンネル・交通システム」の復習。ディスカッションとビデオ鑑賞。 トンネル・交通システムの重要性について説明する。

教科書

なし

参考書、講義資料等

Strunk Jr, W. and White, E. B., 2000, The Elements of Style, 4th edition, Longman, New York.

成績評価の基準及び方法

トンネル・交通システムについての知識とそのコミュニケーション能力を評価する。
PPT 40%、 ライティング 30%,、ビデオ -10% 、最終PPT プレゼンテーション 20%。最終試験でのプレゼンテーションは単位取得に必須。

関連する科目

  • CVE.L210 : 土木工学英語第一
  • CVE.L212 : 土木工学英語第三
  • CVE.L310 : 土木工学英語第四

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

なし

このページのトップへ