2019年度 学士特定課題プロジェクト2c(建築学系)   Advanced independent research project 2c(ARC)

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
建築学系
担当教員名
坂田 弘安 
授業形態
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
  
クラス
-
科目コード
ARC.Z392
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2019年4月25日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

学士特定課題研究を終えた後,学士特定課題研究をさらに深める,修士論文研究の準備を開始する。或いは学士特定課題研究を深化させ,学修の幅を広げることを目的とする。

到達目標

研究能力を深化させ広げる。

実務経験のある教員等による授業科目等

-

キーワード

学士特定課題研究,研究の手法

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

指導教員と相談の上,研究を遂行する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 研究課題の調査研究 指導教員の指示に従う

教科書

特になし

参考書、講義資料等

特になし

成績評価の基準及び方法

担当教員の指導による

関連する科目

  • ARC.Z389 : 学士特定課題研究(建築学系)

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

学士特定課題研究を終了のこと

このページのトップへ