H28年度 分子細胞生物学   Molecular and Cellular Biology

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
生命理工学コース
担当教員名
岩崎 博史  木村 宏  山口 雄輝  若林 憲一  相澤 康則 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火1-2(J221,S222)  金1-2(J221,S222)  
クラス
-
科目コード
LST.A401
単位数
2
開講年度
H28年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
H28年4月27日
講義資料更新日
H28年5月26日
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

細胞増殖や発生、分化、生殖、疾患などの高次生命現象との関わりを踏まえつつ、遺伝情報の発現、維持、複製、組換え、細胞周期と細胞運動などの機構と制御について、分子レベルやクロマチン・細胞核レベルなど様々な階層で最先端の知見を含めて解説する。

遺伝子発現やゲノムについて高度に理解を深め、より高次な生命現象の理解や生物工学的な発展に結び付けることができるようにすることが本講義のねらいである。

本授業科目は、分子細胞生物学の発展科目であり、関係する基本科目(生物化学第一、生物化学第二、分子生物学第一、分子生物学第二)を履修済みであることが期待される。

到達目標

 本講義を履修することによって次の能力を修得する。
1)細胞核、染色体、クロマチンの機能と構造を理解できる。
2)真核生物の転写制御の分子機構の詳細を理解できる
3)ゲノムのダイナミクスとクロマチンドメインについて理解できる

キーワード

細胞核、クロマチン、染色体、転写制御、機能的ゲノム、DNA動態、細胞周期、細胞増殖

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

必要に応じて各回の講義冒頭の10〜15分で過去の講義内容を振り返り、今回の講義の要点を示す。各回の講義最後の10〜15分に、講義内容の理解を確認するための小テストを課す場合がある。必要に応じて演習形式で行うこともある。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 細胞核・クロマチン・染色体の構造と機能(1)細胞核とクロマチンの構造 細胞核とクロマチンの構造(核膜、核小体、核ボディ、ヌクレオソーム等)について理解し説明できる(木村)
第2回 細胞核・クロマチン・染色体の構造と機能(2)細胞核とクロマチンの機能 細胞核の機能(転写、複製等)を構造との関連で理解し説明できる(木村)
第3回 細胞核・クロマチン・染色体の構造と機能(3)クロマチンとエピジェネティクス制御 クロマチンとエピジェネティクス制御の細胞生物学について理解し説明できる(木村)
第4回 転写制御(1)転写開始・伸長・終結の機構 真核生物の転写開始・伸長・終結の分子機構の詳細について理解し説明できる(山口)
第5回 転写制御(2)転写の抑制と活性化の機構 真核生物の転写の抑制と活性化の分子機構の詳細について理解し説明できる(山口)
第6回 転写制御(3)転写と他の生化学的過程の共役機構 真核生物の転写とスプライシングなどの制御の共役機構の詳細を理解し説明できる(山口)
第7回 機能的ゲノム・クロマチン(1)ゲノム構造と転移 ゲノム構造と転移、非コードDNA、非コードRNAについて理解し説明できる(相澤)
第8回 機能的ゲノム・クロマチン(2)ヘテロクロマチン、ユークロマチン、クロマチン間相互作用 ヘテロクロマチン、ユークロマチン、クロマチン間相互作用について理解し説明できる(相澤)
第9回 機能的ゲノム・クロマチン(3)セントロメア、テロメア、核内配置 クロマチンの核内配置やセントロメア、テロメアなどのクロマチンドメインの詳細について理解し説明できる(相澤)
第10回 DNA動態(1)真核生物のDNA複製制御 真核生物のDNAの構造と複製の分子機構の詳細について理解し説明できる(岩崎)
第11回 DNA動態(2)DNA修復と疾患 真核生物のDNA修復の分子機構の詳細について理解し説明できる(岩崎)
第12回 DNA動態(3)DNA組換えと減数分裂 真核生物のDNA組換えの分子機構と生物学的意義について理解し説明できる(岩崎)
第13回 細胞周期と細胞運動(1)細胞周期の制御と多様性 細胞周期の制御と多様性の分子機構について理解し説明できる(若林)
第14回 細胞周期と細胞運動(2)細胞増殖と分化 細胞増殖と分化の分子機構の詳細について理解し説明できる(若林)
第15回 細胞周期と細胞運動(3)細胞骨格と分子モーター 細胞骨格と分子モーターの分子機構の詳細について理解し説明できる(若林)

教科書

なし

参考書、講義資料等

なし

成績評価の基準及び方法

講義で取り上げた生命現象を分子細胞生物学的に説明し、その知識を課題解決に利用できるかどうかを成績評価の基準とし、上記到達目標をレポートにより評価する。

関連する科目

  • LST.A208 : 分子生物学第一
  • LST.A213 : 分子生物学第二
  • LST.A203 : 生物化学第一
  • LST.A218 : 生物化学第二

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修条件は特に設けないが、生物化学第一、生物化学第二、分子生物学第一、分子生物学第二を履修していることが望ましい。

このページのトップへ