2020年度 デザイン創造実践   Practical Creative Design

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
ライフエンジニアリングコース
担当教員名
那須 聖  秦 猛志  林 智広  中村 信大  八木 透  小倉 俊一郎  山本 直之  梶原 将  盛田 俊介  島田 長人  馬塲 秀彦  穐本 仁 
授業形態
講義 / 演習
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
火5-8(B1−3F, PEECsラボ, , B1−3F, PEECsLab)  
クラス
-
科目コード
HCB.C501
単位数
3
開講年度
2020年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2020年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

現代社会においては、これまでのビジネスモデルの踏襲が通用しなくなり、新しい社会的価値を自ら生み出す、いわゆる「0」から「1」の創造が求められる時代に突入している。そのような新たな価値を創造できる有力な手法として、「デザイン思考」に注目が集まり、製品開発はもとより、サービスや組織開発、さらには人々の生活を向上させる活動にも適用されている。
本講義の狙いは、デザイン思考のアプローチを利用して、実際の社会で発生する諸問題に対して、自ら課題を抽出・設定し、解決法を提案できる能力を培うことである。
なお、本講義は、主にグループワークを中心に活動し、「発見」、「詳細化」、「探求」、「実験」、「展開」の各フェーズを実施する。具体的には、課題設定、問題定義、共感、アイデア創出、プロトタイプ作成、ユーザーテスト、ストーリーテリングを行い、「潜在的ユーザーニーズ」の発見から「解決法としてのアイデア創造」へ至る一連のプロセスを体感する。

到達目標

本講義を履修することにより次の能力を修得する。
1) デザイン思考のマインドセットおよび手法を、グループワークを通じて理解し、実践できる。
2) 実際の社会で発生する諸問題に対して、自ら課題を抽出・設定し、解決法を提案できる。
3) グループの中でコミュニケーションを円滑にとり、積極的に議論ができる。

キーワード

デザイン思考、プロジェクトベーストラーニング(PBL)、問題解決力

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

履修生は3-4Qを通じて、少人数のグループで活動する。学期の最初に、与えられた問題点から課題を設定し、各グループは課題に対する解決法を検討し、最終的には事業可能性を含めた製品やサービスの提案を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 オリエンテーション、課題決め、安全講習会 概要説明、アイスブレイク、課題決め、安全講習会
第2回 チームビルディング、商品化および特許化レクチャー チームビルディング、商品化および特許化レクチャー
第3回 構想発表会のプレゼン準備 グループワークを実施しながら構想発表会の準備をおこなう。
第4回 構想発表会(発明届提出:1回目) 自分たちのグループの提案する課題および解決法について発表する。1回目の発明届けを提出する。
第5回 探索・価値の検討 グループワークを実施しながら課題における探索と価値を検討する。
第6回 探索・プロトタイピング グループワークを実施しながら課題における探索を検討し、プロトタイピングをおこなう。
第7回 プロトタイピング 課題解決のためのプロトタイプを作成する。
第8回 プロトタイピング 課題解決のためのプロトタイプを作成する。
第9回 クラウドファウンディングレクチャー、中間報告会のプレゼン準備 クラウドファウンディングレクチャー、中間発表会のプレゼンテーションの準備、ストーリーの確認を行う。
第10回 中間報告会(発明届作成:2回目) 自分たちのグループの提案する課題および解決法について発表する。2回目の発明届けを提出する。
第11回 詳細化、探索の再検討 自分たちのグループの提案する課題および解決法について発表する。
第12回 プロトタイピング 課題解決のためのプロトタイプを作成する。
第13回 ユーザーテスト 作成したプロトタイプを使って、ユーザテスト行い、改良する。
第14回 プロトタイピング・ユーザーテスト再検討 ユーザテストを繰り返し実施し、プロトタイプを更に改良する。
第15回 最終発表会のプレゼン準備 プレゼンテーションの準備、ストーリーの確認を行う。
第16回 最終発表会(発明届作成:3回目) プロトタイプ、動画を使って、最終プレゼンテーションをおこなう。3回目の発明届けを提出する。
第17回 実用化ミーティング 最終発表会の審査を受けて、実用化するための話し合いをおこなう。

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ本学の学修規程で定められた時間を目安に行う。

教科書

必要な資料や教材は授業の中で提供される。

参考書、講義資料等

担当教員から紹介される。

成績評価の基準及び方法

グループ活動: 40%、最終提案: 30%、最終レポート: 30%

関連する科目

  • HCB.C402 : デザイン創造基礎
  • HCB.C403 : デザイン創造フィールドワーク
  • HCB.C502 : 事業創出マネジメント
  • LST.A413 : 企業社会論
  • UDE.E432 : 人間環境デザイン研究の実践第一
  • UDE.E531 : 人間環境デザイン論第二
  • ESD.H401 : アントレプレナーシップ論
  • ESD.D404 : 医療・福祉機器のデザイン
  • TIM.D516 : アントレプレナーシップと事業創成 I
  • TIM.D517 : アントレプレナーシップと事業創成 II

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

関連授業として、HCB.C402 「デザイン創造基礎」の履修を必要とする。
HCB.C403 「デザイン創造フィールドワーク」を履修している方が望ましい。
履修人数を制限しています。

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

山本:n-yamamoto[at]bio.titech.ac.jp, 那須:nasu.s.aa[at]m.titech.ac.jp, 秦:thata[at]bio.titech.ac.jp, 小倉:ogura.s.ab[at]m.titech.ac.jp, 林:hayashi[at]echem.titech.ac.jp, 八木:yagi.t.ab[at]m.titech.ac.jp, 中村:nnakamur[at]bio.titech.ac.jp, 梶原:skajiwar[at]bio.titech.ac.jp

オフィスアワー

日時をメールで事前に予約して下さい。

このページのトップへ