2020年度 高分子科学(生命理工学)   Polymer Science (LST)

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
生命理工学系
担当教員名
丸山 厚  上野 隆史  三浦 裕  金原 数 
授業形態
講義
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
火1-2(W933)  金1-2(W933)  
クラス
-
科目コード
LST.A348
単位数
2
開講年度
2020年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2020年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

高分子は日常生活のみならず生体でも中心的役割を果たしている。本講義では、高分子の概念、構造、合成、物性についてその基礎を学ぶ。

到達目標

本講義を履修することにより以下の能力を取得する。
1)高分子の歴史とその概念を述べることができる。
2)主な高分子の合成法を説明できる。
3)高分子の溶液、固体構造と物性について説明できる

キーワード

高分子、重合、分子量、コポリマー、ブロックポリマー、グラフトポリマー、ラジカル重合、イオン重合、重縮合、リビング重合、ガラス状態、粘弾性、相分離

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

講義と演習を基本に進めます。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 高分子の歴史と概念 高分子の歴史と概念の理解
第2回 高分子の分子形態(1) 高分子の一次構造の説明
第3回 高分子の分子形態(2) 高分子の分子量決定法、平均分子量の理解
第4回 高分子合成(1):連鎖重合 連鎖重合法の説明
第5回 高分子合成(2):連鎖重合 連鎖重合法の説明
第6回 高分子合成(3):逐次重合 逐次重合法の説明
第7回 第1回から第6回のまとめと中間試験 前半の理解度の評価
第8回 高分子の反応 高分子反応の理解
第9回 リビング重合 リビング重合法の説明
第10回 高分子の分子構造制御 分子構造制御法の理解
第11回 高分子の高次構造(1) 高分子高次構造の説明
第12回 高分子の高次構造(2) 高分子高次構造の説明
第13回 高分子の固体物性 高分子固体物性の理解
第14回 第8回から第13回のまとめと期末試験 後半の理解度評価

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

高分子科学 合成から物性まで、東信行、松本章一、西野隆史 著、講談社
ISBN:978-4-06-156810-5

参考書、講義資料等

高分子の合成(上、下)、講談社、ISBN978-4-06-154361-4, ISBN978-4-06-154362-1
基礎高分子科学、高分子学会編、東京化学同人、ISBN978-4-8079-0635-2

成績評価の基準及び方法

演習20%、中間試験40%、期末試験40%

関連する科目

  • 有機化学

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

有機化学および物理化学の基礎知識を有していること

このページのトップへ