2019年度 コンピュータネットワーク   Computer Networks

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
情報工学系
担当教員名
横田 理央 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火1-2(S011)  金1-2(S011)  
クラス
-
科目コード
CSC.T345
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
2019年5月30日
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

今やスマートフォンからLTEやWIFIを通して他国のクラウドサーバにアクセスするのは日常生活の一部になっているが,その背景には無数の革新的な要素技術が絶妙なバランスで統合されている.本講義ではそれぞれの要素技術の歴史的背景や基本原理,長所と短所,堅牢性や拡張性の背景にある考え方を学習することで普段なにげなく使っている計算機ネットワークに対する本質的な理解を深め,より発展的なネットワークの業務や研究を遂行するための素地を提供する.

到達目標

計算機ネットワークを参照モデルの視点から階層的に説明できるようになる.
有線伝送や無線伝送におけるデジタル変調と多重化の原理を説明できるようになる.
データの誤りを検出・訂正できるようになる.
各々のプロトコルの短所や限界を理解し,適切に選択できるようになる.
パケット交換方式,ルーティング,TCP/IPの基本概念を理解し,これらの要素技術の意義を説明できるようになる.
暗号化技術の原理を理解し,その脆弱性を判断できるようになる.

キーワード

デジタル変調,多重化,誤り検出,誤り訂正,チャネル割り当て問題,イーサネット,無線LAN,スイッチング,ルーティング,輻輳制御,UDP,TCP,DNS,電子メール,ウェブ,ネットワークセキュリティ,対称鍵暗号,公開鍵暗号,デジタル署名,認証プロトコル

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

毎回の講義の前半で前回の演習問題の解答を解説する.講義の後半ではその日の講義内容に関する演習問題を解く.各回の学習目標をよく読み,予習・復習を必ず行うこと.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ネットワーク基礎知識1 プロトコルの階層化 プロトコルの階層化と OSI 参照モデルの 各層の役割を説明できる
第2回 ネットワーク基礎知識2 ネットワークの構成要素 通信方針の分類ができ、リピータ、ブリッジ、 ルータの違いが説明できる
第3回 TCP/IP 基礎知識 TCP/IP プロトコルの階層モデル TCP/IP とインターネットの関係を理解し、 プロトコルの階層モデルと通信例が挙げられる
第4回 データリンク1 イーサネットと無線通信 イーサネットのフレームフォーマットを理解でき、 無線通信の規格と特性を評価できる
第5回 データリンク2 PPP、公衆アクセス網 PPP のフレームフォーマットを理解でき、 公衆アクセス網の規格と特性を評価できる
第6回 IP プロトコル1 IP アドレスとルーディング IP アドレスとネットワーク層の役割を理解し、 ルーティングの挙動を予測・制御できる
第7回 IP プロトコル2 IP の分割処理とフォーマット IP データグラムの分割処理、再構築処理ができ、 IP のフレームフォーマットを説明できる
第8回 理解度確認総合演習 (中間試験) ここまでの内容の筆記試験による確認 第1回から第7回までの理解度確認と到達度自己評価
第9回 IP に関連する技術 DNS, ARP, ICMP, DHCP, NAT DNS, ARP, ICMP, DHCP, NATの仕組みと役割を説明できる
第10回 TCPとUDP1 トランスポート層の役割とポート番号 トランスポート層の役割を理解し、IP アドレスとポート番号による識別ができる
第11回 TCPとUDP2 TCP と UDP プロトコル TCP と UDP の違いを理解し、 再送制御、輻輳制御の原理を説明できる
第12回 ルーティングプロトコル RIP, OSPF, BGP, MPLS ルーティングプロトコルを複数挙げられ、それらの特性を理解し場面に応じて選択できる
第13回 アプリケーションプロトコル SSH, FTP, SMTP, IMAP, HTML 代表的なアプリケーションプロトコルを挙げられ、 それぞれの仕組み理解して使うことができる
第14回 セキュリティ ファイアウォール、暗号化技術 暗号技術の基礎を理解し、ネットワークを安全に使うことができる
第15回 理解度確認総合演習 (期末試験) 全体の内容の筆記試験による確認 第1回から第14回までの理解度確認と到達度自己評価

教科書

“マスタリング TCP/IP(第5版)”, 竹下 隆史他, オーム社, ISBN-13: 978-4274068768

参考書、講義資料等

“Computer Networks (5th edition)”, A.S. Tanenbaum, D. J. Wetherall 著, Prentice-Hall, ISBN-13:
978-0132126953

成績評価の基準及び方法

演習 (20%),中間試験 (30%),期末試験 (50%) により評価する

関連する科目

  • ICT.M310 : 数理計画法
  • MCS.T314 : オペレーティングシステム
  • 無線通信システム

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

なし

このページのトップへ