2019年度 データベース   Databases

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
情報工学系
担当教員名
横田 治夫 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
月5-6(W933)  木5-6(W933)  
クラス
-
科目コード
CSC.T343
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
2019年4月26日
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

本講義は、今や情報システムの最も重要な基盤の一つとして位置づけられるデータベースシステムにおける概念、モデル、技術に関する包括的な導入を目指している。
本講義では、まず関係代数、関係論理、正規形を含む関係モデルについて論じる。次にデーターベースの概念設計、SQL を含む問い合わせ言語、同時実行制御、障害回復を含む重要な概念であるトランザクションについて述べる。さらに、データの格納方法や索引、あるいは問い合わせ処理に関する技術に関しても取り扱う。オブジェクト指向データベース、XMLデータベースやRDFデータベースといった最近のトレンドについても紹介する。

到達目標

本講義を履修することによって以下を習得する。
1) データベースに関する基本概念とモデルの理解
2) 要求を満たす正規形のデータベースの設計
3) データベースに対する適切な問い合わせの記述
4) トランザクションの同時実行制御と障害回復の取り扱い
5) データ格納方法、索引、問い合わせ処理に関する技法の活用
6) データベースにおける最近のトレンドに関する知識

キーワード

関係モデル、関係代数、関係論理、正規形、概念設計、問い合わせ言語、SQL、トランザクション、同時実行制御、障害回復、データ格納方法、索引、問い合わせ処理、オブジェクト指向データベース、XMLデータベース、RDFデータベース

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

一般的な講義形式で、授業中に簡単な練習問題を行う

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 イントロダクション:データベースの基本概念 データベースの概念の理解
第2回 関係モデル:関係,タプル,定義域,属性,スキーマ 関係モデルの理解
第3回 関係代数:集合演算、射影、選択、結合 関係の操作の理解
第4回 関係論理、正規形 正規形への変換
第5回 概念モデル:実体関連モデル データベース設計指針
第6回 問い合わせ言語1:データ定義言語、データ操作言語、SQL、QBE、関係完備 簡単な問い合わせの記述
第7回 問い合わせ言語2:集約関数、VIEW 高度な問い合わせの記述
第8回 中間試験 前半項目の理解の確認
第9回 トランザクション1:ACID性、2相ロック、階層ロック トランザクションの概念の理解
第10回 トランザクション2:時刻印方式、障害回復、多版管理 障害回復方法の理解
第11回 データ格納方法:不揮発性記憶媒体、ページ、レコード、索引 データ格納方法の理解
第12回 問い合わせ処理1:射影演算、選択演算、入れ子結合、マージ結合 問い合わせ処理の理解
第13回 問い合わせ処理2:ハッシュ結合、割り算、集合積、集合和 問い合わせ処理の理解
第14回 オブジェクト指向データベース オブジェクト指向モデルの理解
第15回 XMLデータベース、RDFデータベース XML/RDF データベースの理解

教科書

OCW/OCW-i にて資料を配布

参考書、講義資料等

C.J. Date 著,藤原 譲 監訳,データベースシステム概論 原書6版 (An Introduction to Database Systems), 丸善 など

成績評価の基準及び方法

中間試験を50%、期末試験を50% とし、講義中の練習問題への回答を加点する

関連する科目

  • ZUS.S201 : プログラミング第一
  • ZUS.S202 : プログラミング第二
  • MCS.T313 : 数理論理学
  • ZUS.P301 : オペレーティングシステム

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

yokota[at]cs.titech.ac.jp

このページのトップへ