2019年度 応用化学研究第一   Research Methodology in Chemical Science and Engineering I

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
応用化学コース
担当教員名
指導教員 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
CAP.E451
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2019年9月25日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

修士論文研究の意義や目的、成果を整理して第三者にわかりやすく伝える,発表,質疑,討論技術,対人コミュニケーション能力,プレゼンテーション能力に至るまで,科学技術者としてのコミュニケーションスキルを養う.

到達目標

本講義を履修することによって次の能力を習得する.
1) 修士論文研究の背景,その意義を口頭やポスター形式で説明し,聴講者と討論できる.
2) 修士論文研究の結果や成果をわかりやすくまとめ、聴講者に説明し,内容について討論できる.
3) ほかの履修者の論文研究について,質疑,討論に参加することで,他者とのコミュニケーション技術を磨き,知識の幅を広げることができる.

キーワード

口頭発表,ポスター発表,討論スキル

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

指導教員の研究室または複数の研究室からなるグループで行う.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 研究室あるいは複数研究室のグループごとに授業計画を作成し周知する. 研究室あるいは複数研究室のグループごとに設定する.

教科書

必要に応じて指定する.

参考書、講義資料等

必要に応じて指定する.

成績評価の基準及び方法

到達目標に応じた具体的評価内筒とその評価基準をあらかじめ定め,周知する.

関連する科目

  • CAP.E551 : 応用化学研究第二

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

1)応用化学コースの研究室に所属していること
2)応用化学系基礎専門科目(200,300番台)を履修している,またはそれと同等の知識を有すること.

このページのトップへ