2019年度 超分子科学特論   Advanced Supramolecular Science

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
応用化学コース
担当教員名
福島 孝典  吉沢 道人 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
木5-6(G114)  
クラス
-
科目コード
CAP.I420
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2019年4月10日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

[概要] 本講義では、超分子構造体の設計において重要な種々の「分子間相互作用」や「その解析法」など、超分子化学の基礎について解説します。また発展的な内容として、イオンや分子の認識に関する「ホスト-ゲスト化学」および「超分子材料の設計」について紹介します。
[ねらい] 複数の分子が自発的に集まることで形成する超分子構造は、生物化学から材料科学において重要な役割を果たしています。そこで本講義の「超分子科学特論」では、超分子構造が形成する駆動力について詳細に解説すると共に、その原理を利用した超分子構造の機能についても説明します。幅広い超分子化学の知識を修得することを目標とします。

到達目標

本講義を履修することによって次の能力を修得する。
1) 種々の分子間相互作用について説明できる。2) ホスト-ゲスト化学について説明できる。3) 超分子構造を設計できる。

キーワード

超分子化学、分子間相互作用、ホスト-ゲスト化学

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - - -

授業の進め方

本講義は、(1)分子間相互作用の基礎、(2)分子間相互作用の解析法、(3)ホスト-ゲスト化学、(4)超分子構造の設計の順番で進める。各講義で、理解度確認のための質疑応答を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 超分子科学の概論 超分子科学の背景を説明できる
第2回 分子間相互作用の基礎(1):クーロン力・配向力など クーロン力や配向力を説明できる
第3回 分子間相互作用の基礎(2):水素結合・疎水効果など 水素結合や疎水効果を説明できる
第4回 分子間相互作用の解析法 分子間相互作用の解析法を説明できる
第5回 ホスト-ゲスト化学(1):イオン認識 イオン認識について説明できる
第6回 ホスト-ゲスト化学(2):分子認識 分子認識について説明できる
第7回 水素結合などを利用した分子集合体の設計 水素結合などを利用した分子集合体を設計できる
第8回 配位結合を利用した分子集合体の設計 配位結合を利用した分子集合体を設計できる

教科書

指定なし。

参考書、講義資料等

配布資料 有り。

成績評価の基準及び方法

理解度確認のための質疑応答(50%)、小テストおよび期末テスト(50%)などにより評価する。

関連する科目

  • 錯体化学特論
  • 有機材料化学特論

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件は設けない。

このページのトップへ